ACALL株式会社

自社特徴

OMOTENASHI(おもてなし)エンジンによる来客対応RPAサービス「ACALL(アコール)」

iPadを使い、受付に関するさまざまな業務を一元化した独自ソフト
OMOTENASHI(おもてなし)エンジンにより来訪するゲストを
気持ちよくおもてなしします。

外部サービスとのAPI連携により、高度な入退館管理をはじめ、
社内での情報共有や会議室予約、議事録の作成など、
大幅な業務の効率化と低コストを実現します。

提供リソース

  • 来客対応RPAサービス ACALL
    クラウドカレンダーと連携しアポイントを作成、多様なツールを介して来訪通知を受け取り、二次元バーコードを使ってスムーズに入館できます。セキュリティゲートや自動ドアと連携しセキュアな入退館も可能です。
  • 会議室アプリ ACALL Meeting
    会議室の予約から会議終了までの一連の流れをスムーズに、また効率的に会議室を運用頂けるサービスです。
    会議室の空き状況把握やカラ予約防止の自動キャンセル、ドリンクオーダーなどをご利用頂けます。

実績

■週刊東洋経済 2018年7月14日号の有望ベンチャー100社に弊社が選定されました。

■神戸市が実施するプロジェクト「Urban Innovation Kobe(アーバン イノベーション 神戸)」において国内外のスタートアップ企業7社に選定されました。

■Plug and Play Japan株式会社が実施するアクセラレーションプログラム のBatch1(バッチワン)において国内外のスタートアップ53社に採択されました。

※詳細は弊社WEBページをご覧ください。
 https://corp.acall.jp/

  • 独自開発のOMOTENASHIエンジンが商談プロセスの自動化を支えます。
  • 受付・入退館・会議室を一元管理し、来客プロセスをACALLが自動化・効率化。
  • サービス導入に関する初期費用はかからず、 利用料金もリーズナブル!抜群の費用対効果!

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役 CEO

長沼 斉寿

企業情報

企業名
ACALL株式会社
事業内容
来客対応RPAサービス「ACALL(アコール)」の開発および販売
所在地
〒650-0033 兵庫県神戸市中央区江戸町104 2F(神戸本社)
設立年月日
2010
外資区分
非外資
代表者名
長沼 斉寿
企業URL
https://www.acall.jp/
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
35
資本金
3千万円〜1億円未満
上場区分
非上場
主要顧客
トレンドマイクロ株式会社 株式会社三菱UFJ銀行 コニカミノルタ株式会社 学校法人近畿大学 freee株式会社 スマートニュース株式会社

メンバー