オーロラ株式会社

自社特徴

モバイルバッテリーは日本ではまだなじみがありませんが、中国では一般的なサービスで上位4社で3億人のアクティブユーザーがいるサービスです。今後キャッシュレス化する日本でもスマートフォンが手放せない状況になり、バッテリーが切れると通信だけではなく買い物もできなくなります。

https://chargeme.info/map/

そこで、手軽に借りられるモバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeMe」が必要になります。モバイルバッテリーのシェアリングサービスとは、必要な時にバッテリーを借りて、充電し終わったら返して充電した時間の料金を支払うサービスです。

店舗などに設置された「モバイルバッテリーステーション」で借り、返す時は「モバイルバッテリーステーション」に挿し戻すだけでのレンタサイクルのモバイルバッテリー版です。

「モバイルバッテリーステーション」を設置している店舗であれば、どこでも返却できます。しかも、移動しながらやスマホを使いながら充電できますので、場所を選ばない利便性が大きな魅力です。

モバイルバッテリーステーションは3タイプあります。
・42インチデジタルサイネージ付(バッテリー32スロット)
・16インチデジタルサイネージ付(バッテリー16スロット)
・モバイルバッテリー単体(バッテリー8スロット)

提供リソース

  • ■主要サービス
    ・モバイルバッテリーステーションの提供
    ・デジタルサイネージの広告枠
    ・O2Oステーションとしてのプラットフォーム開発
    ・送電インフラが整っていない地域への持ち運びの電力設備
  • ■付加的サービス
    ・バイルバッテリーステーション設置による集客見込み
    ・レンタル時に送られる内容に多国語での防災情報送信
    ・災害時にモバイルバッテリーの無料開放
  • ■派生事業
    ・O2Oステーションの開発

実績

東京ガス、渋谷モディ、松坂屋百貨店上野店、多慶屋セレクト上野店、ホテルドリームゲート舞浜(本館/アネックス)、グランパークホテル、早稲田大学、横浜国立大学、東京工業大学、千葉工業大学、嘉悦大学、他50か所へのステーションを設置しており、順次拡大中です。

  • モバイルバッテリー「ChargeMe」
  • ChargeMeのバッテリーとステーション
  • 渋谷モディのサイネージ付きモバイルステーション

一緒に何をしたいか

バッテリー難民を無くすために、2020年にバッテリーステーションを10,000台設置します。そのためのネットワークと資金をご提供していただけますようお願いします。

メッセージ

今後、モバイルバッテリーのニーズが高まるのは目に見えています。バッテリーのシェアリング技術を生かすことで、バッテリー以外の非デジタルのシェアリングサービス&少額決済も実現できます。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

出資だけではなく、事業を拡大するためのリソースをもっており、相乗効果がだせる企業と連携したいというのが第一希望です。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

社外取締役

金子篤史

日本ではなじみのないサービスですので、サービス内容と実際のバッテリーなどをご覧いただきたいと思っています。

様々な提携方法が考えられますし、サブスクリプションモデルや法人向けのサービスメニューなども準備しております。

少しでも気になりましたら、ご連絡ください。
まずはどおようなサービスなのか、将来的な可能性についてお話をさ褪せてください。

所属部署

なし

サービスメニューと設置場所の開拓

ミッション

インバウンドを含めた観光客、社外ワークの多い方の電力インフラとしてサービスを提供したいと考えています。
利用者メリットだけではなく、ステーション設置場所へのバッテリー利用者の送客などにも貢献したいと考えています。

災害時対策やモバイルバッテリーの処分問題など、社会問題の解決にも貢献できるサービスを広げなければなりません!

経歴

独立系SIerに入社(金融担当)
小売・卸会社に入社(経営管理室に配属)
有限会社エックスグラビティ設立 取締役就任
株式会社エックスグラビティ 代表取締役就任
NPO法人観光リレーションズ研究所 副理事長就任
株式会社シタミー設立 取締役就任
オーロラ株式会社 社外取締役就任

企業情報

企業名
オーロラ株式会社
事業内容
弊社はChargeMeモバイルバッテリーのシェアリングサービスを提供しています。

https://chargeme.info/

店舗にモバイルバッテリーのステーションを設置して、充電したいお客様はスマホでアプリを起動して借りる操作をして頂き、バッテリーを入手できるサービスです。どこでも借りて、どこでも返せるのが特徴で、オンライン決済を導入することで、利用時間に基づいて課金する仕組みとなり、サービスは無人管理で完結できます。よって、店舗は場所と電源だけを提供し、弊社がステーションの設置、メンテナンスやカスタマーサポート等を行います。

今後、インバウンドのインフラ対策として下記の3種の神技が必須になります。
■キャッシュレス対応
■Wi-Fi環境
■スマホ等の充電設備

スマホの充電が足りなくなるナイトライフでは検索や情報収集ができず出歩くことを躊躇します。
特に中国人はスマホの充電が切れると情報収集どころか、Alipayで決済すらできなくなりホテルに戻るしかありません。

日本のソフト面のおもてなしも重要ですが、そこにたどり着かせるための3種の神技のインフラ整備は需要です!
所在地
東京都荒川区
設立年月日
2018
外資区分
非外資
代表者名
張 き
企業URL
http://www.aurora-lab.co.jp/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
30
資本金
5百万円〜1千万円未満
上場区分
非上場
株主
創業メンバー
主要顧客
コンシューマーが顧客になりますので、取引先を掲載しております。 東京ガス、渋谷モディ、松坂屋百貨店上野店、多慶屋セレクト上野店、ホテルドリームゲート舞浜(本館/アネックス)、グランパークホテル、早稲田大学、横浜国立大学、東京工業大学、千葉工業大学、嘉悦大学、千葉大学病院、海底撈火鍋 、スマホ修理工房

メンバー