eiicon

JR東日本スタートアップ株式会社

大手企業
共同研究
事業提携
ジョイントベンチャー設立
出資したい
更新日:2018/11/05

自社特徴

JR東日本スタートアップ株式会社は、優れたアイデアや先端技術を持つスタートアップ企業とともに、JR東日本グループの経営資源を活用して、未来をつくる新たなビジネスやサービスを創出することにより、地域のより一層の活性化と豊かな暮らしづくりに貢献してまいります。

■イノベーションを加速させる2つの仕組み
(1)CVC 出資枠50億円
小売、飲食、交通、観光、インバウンド、物流、IoT、AI、決済や地域活性化など、事業シナジーを見込める領域へ出資
・出資企業一覧

(2)JR東日本スタートアッププログラム
本プログラムでは、駅や鉄道などの経営資源、グループ事業における情報資源を活用したビジネスやサービスの提案を募り、アイデアのブラッシュアップを経て、新たな価値の創出を目指します。
・アクセラレーションコース:既に自社の製品・サービスまたはプロトタイプを有する、概ね起業10年以内の企業。アクセラレーション期間後、テストマーケティングを実施することを想定しています。
対象者
・インキュベーションコース:これから起業または起業後間もない方。JR東日本グループにおける事業アイディアの採用や当社グループの支援のもと事業を具体化していくことを想定しています。

実績

・無人AIレジ店舗「TOUCH TO GO」。2018年10月よりサインポスト株式会社が開発したAI無人決済システムを使用して赤羽駅ホーム上店舗で、実証実験開始
・モバイル決済システムの開発を手掛ける株式会社Showcase Gigと、駅ナカ施設の混雑緩和とキャッシュレス化の推進を目的として、資本業務提携
・AIを駆使した”旅”と”移動”の最適化に向けて、株式会社 メトロエンジンに出資

  • 無人AIレジ店舗「TOUCH TO GO」in赤羽駅 実証実験の様子
  • モバイルオーダーのショーケース・ギグと資本業務提携
  • インキュベーションコース初の実現施策!慶應義塾大学への寄附講座開設

一緒に何をしたいか

出資する事業領域
小売、飲食、交通、観光、インバウンド、物流、IoT、AI、決済や地域活性化に資する事業など
当社グループとの事業シナジーを見込める領域。特に以下のテーマの実現に繋がる事業領域を想定。

[テーマ]
(1)人・モノ・情報をタイムリーに結び付け、利便性を高めるサービスの創出
(2)出発地から目的地までをスムーズにつなぐ快適な移動の創造
(3)より安心・安全な輸送、サービス向上に資する技術革新
(4)魅力あるサービスの提供を通じ、国内外の多様な人々が集い楽しめる場としての駅づくり
(5)地域の雇用・移住・観光の促進
(6)環境負荷の少ないエネルギーや安全で安定した食糧の供給など社会的課題の解決

メッセージ

私たちは、未来の夢を実現する、『明日』創造ステーションをめざします。スタートアップ企業のアイデアや技術と、JR東日本グループの経営資源をつなぎ、夢をカタチにします。私たちは、新しい未来をつくります。それは、JR東日本グループのサービスや技術を革新するものです。それは、お客さまや地域の方々の暮らしと働き方を豊かにするものです。そしてそれは、安心や信頼に根ざした、ワクワクするような明るい未来です。私たちは、「地域を元気にしたい」、「暮らしを豊かにしたい」、「新しい未来を創りたい」という、私たちと志を一にするスタートアップ企業を応援します。私たちは、日本の未来に、夢と希望あふれる切符“TICKET TO TOMORROW” を届けます。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

マネージャー

阿久津 智紀

所属部署

営業推進部

企業情報

企業名
JR東日本スタートアップ株式会社
事業内容
JR東日本スタートアップ株式会社は、JR東日本グループとスタートアップ企業との共創を推進するコーポレートベンチャーキャピタルです。
所在地
東京都渋谷区代々木2-2-2
設立年月日
2018
代表者名
柴田 裕
企業URL
http://jrestartup.co.jp/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
42
資本金
10億円以上
株主
東日本旅客鉄道株式会社