eiicon

鈴田峠農園有限会社

地方発ベンチャー
6カ月以内の提携希望
スタートアップ
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
資金調達したい
新市場の模索
土地活用
地方創生
IoT
農業
植物加工・生育
エネルギー・資源
省エネ技術
地球環境観測・予測・影響評価技術
資源開発技術
環境問題
課題解決No.13「気候変動に具体的な対策を」
課題解決No.17「パートナーシップで目標を達成しよう」
更新日:2018/11/25

自社特徴

2002年から『鈴田地区に道の駅を作ろう』という村おこし運動を行い、長崎県の補助事業の認定を頂き2006年11月に農産物直売所と農村レストランを開業。2016年3月接地に道の駅長崎街道鈴田峠オープン

開業当初より植物による『暑さ対策』『地球温暖化防止』を研究
・2014年8月
  『パッションフルーツの移動式緑化』特許取得(第5590537号)
・2017年8月
   国土交通省『緑で都市を冷やします』実証試験選定 東京五輪採用決定
・2018年1月
  経営革新計画承認(承認一連番号556号)
・2018年4月
  環境省 気候変動適応ビジネスに『クールアイランドシステム』が認定
・2018年6月
   『地球温暖化防止と芸術の融合 Green Art Cycle』開発

提供リソース

  • パッションフルーツの移動式緑化(特許登録番号第5590537号)
    無農薬で栽培可能な多年生蔓植物のパッションフルーツを冬季に温室にて特殊なポリエステルネットに這わせて大きく育て、暑さ対策が必要な4月以降、コンパクトな形状にて出荷。枝葉が盛り根が張っている為、急成長し真夏には広い木陰が出来るパッションフルーツのシェード型緑化が出来る。

  • クールアイランドシステム
    IoT制御と気化熱を利用し、パッションフルーツの木陰と気化熱で冷気を作る。冷やされた空気は日なたで温められた空気に移動する原理を利用して、自然風を作りエリア内で冷気の気流を起こしヒートアイランドを緩和する。

  • 地球温暖化防止と芸術の融合 Green Art Cycle 
    パッションフルーツの枝葉は秋以降不要となり、廃棄するとCO2の放出になるので和紙に加工することでCO2の吸収固定。和紙を日用品に使用すると短期で廃棄される為、絵画等芸術品に使用することでCO2の長期貯蔵を実現。
    作成された絵画の展示会による観光客誘致による利益や絵画販売の利益の一部を緑化の維持や新設に充てることで、財政的に厳しい地方の市町村も地球温暖化防止事業に取組める。

実績

国土交通省『緑で都市を冷やします』実証試験では、広い木陰を作るシェード型緑化を実現出来る唯一の栽培技術と高い評価を頂いています。

環境省 気候変動適応ビジネスに『クールアイランドシステム』が認定

  • パッションフルーツのシェード型緑化
  • シャード型緑化に実った鈴なりの実
  • Green Art Cycle

一緒に何をしたいか

世界的に見ても、大きなエネルギーを使わない『ヒートアイランド緩和』『大気中のCO2吸収貯蔵』の技術は見あたりません。
今こそ、水・風・IoTを活かし、日本古来の文化と技術と知恵を使い、地球温暖化防止を実現します。

・出資者募集
・日本全国への展開に向けたパートナー募集
・世界市場展開に向けたパートナー募集
・地球温暖化と芸術の融合の趣旨に賛同して頂くアーティスト募集

メッセージ

本年度、福岡市役所と共催で実証試験を行います。

2020年東京オリンピックでは、鈴なりのパッションフルーツのシェード型緑化で暑さ対策を行い、枝葉が不要となる秋以降の和紙を製造し、絵画を作成します。
世界初の大きなエネルギーを要しない、大気中の二酸化炭素吸収貯蔵のシステムを世界へ向けて発信します。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

特にありません。
『地球温暖化防止』を真剣に取組む企業様と協業・パートナーシップを求めます。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

當麻謙二

地球温暖化は世界的な大きな課題であると共に、測り知れないほど大きな経済市場でもあります。

『2050年には人類は地球に住めなくなる』と訴える科学者もいます。
今できることは、大きなエネルギーに頼らない温暖化対策による持続可能な社会づくりだと思っています。

それを実現するには、農業・芸術・芸能・ニューテクノロジー、色んな分野とのコラボが必要だとおもいます。

本気で地球温暖化防止に取組む企業様からのご連絡をお待ちします。

所属部署

パッションフルーツ事業部

・パッションフルーツによる暑さ対策
・パッションフルーツの移動式緑化生産
・パッションフルーツを使った新メニュー

ミッション

地球温暖化防止の実現
ユニバーサル社会の実現

経歴

『鈴田峠に道の駅を作ろう』という村おこし運動を展開し創業。

パッションフルーツの移動式緑化、クールアイランドシステム、Green Art Cycle 考案

企業情報

企業名
鈴田峠農園有限会社
事業内容
道の駅長崎街道鈴田峠の農産物直売所とレストランを運営
開業当初より、植物による暑さ対策、地球温暖化防止を研究。
☑2014年8月 『パッションフルーツの移動式緑化』特許取得(第5590537号)
☑2017年8月 国土交通省『緑で都市を冷やします』実証試験選定 東京五輪採用決定
☑2018年1月 経営革新計画承認(承認一連番号556号)
☑2018年4月 環境省 気候変動適応ビジネスに『クールアイランドシステム』が認定
所在地
長崎県大村市中里町452-8
設立年月日
2005
外資区分
非外資
代表者名
當麻謙二
企業URL
http://st-nouen.com
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
44
資本金
〜5百万円未満
売上
100 百万円
上場区分
非上場
株主
當麻謙二 高以良康雄 本山政美
主要顧客
一般消費者 大村市役所 長崎県物産協会