仙台スマートマシーンズ株式会社

自社特徴

新たな価値を生み出すサービス構築のために  新しいマイクロデバイスを世の中に提供します。 東北大学でMEMSを研究してきた桑野教授の成果を活用して小型・軽量の振動発電デバイスを用い自立電源、配線無しの無線モジュールによるデータ採取を可能にします。「IoT時代のデータセンシングを自立電源センサーでストレスフリーに」をスローガンにしています。活用の用途はプラント・工場設備等の予防保全の効率化、社会インフラの監視・確認による安全の確保、交通機関の継続的データ監視による安全の確保等、幅広い社会のニーズに対応する事ができます。

企業情報

企業名
仙台スマートマシーンズ株式会社
事業内容
IoT時代に対応し、MEMS技術を応用した小型・軽量の振動発電自立電源センサ開発と製造販売を行う。  特に自動車、鉄道等の過酷振動系に適用し安全性と経済性のレベル向上を目指す。
所在地
仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40
設立年月日
2016
外資区分
非外資
代表者名
高間舘 千春
企業URL
http://www.ssmcoltd.co.jp/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
50
資本金
1億円〜3億円未満
上場区分
非上場

メンバー