リ・バース株式会社

自社特徴

企業・法人などにおける情報セキュリティ対策は主としてインターネットに注力しており、盗聴・盗撮やデータ消去への対策はいまだ不十分です。
機密情報や顧客情報が電波に乗って漏えいするリスクや、パソコン廃棄時のデータ消去のエラーによる残留で漏えいするリスクは認識すらされていません。
これらへの対策は、盗聴盗撮機器の年間販売数約40万台に対してそのごく一部しか見つかっていない現状や、FinTech分野の成長に伴う電子金融サービスの利用者の増加を鑑みて、法人・個人問わず必要性が高いと考えています。
弊社のサービスであれば、いつでも・どこでも・だれでも・かんたんに、盗聴盗撮電波のチェックや完全なデータ消去の実施が可能です。
盗聴盗撮発見器は、専用受信機とアプリのセットでのレンタルもしくは出張サービスを想定しています。
データ消去装置は、磁気消去装置のレンタル・出張あるいは本社への送付消去のサービスを行っています。

提供リソース


  • ・データ消去装置
    マイナンバー制度による企業の個人情報処分の必要性の上昇や、FinTech分野の成長に伴う電子金融サービスの利用者の増加により、パソコンやスマートフォンなどのデータを確実に消去する手段のニーズは今後より一層高まっていくと考えます。
    データ消去装置のメーカであり、ニーズに合わせて出張消去、短期レンタル、郵送での対応など各種おこなえます。
  • ・盗聴盗撮発見器
    年間約40万台の販売数に対して発見数はごく一部であり、多岐にわたり未発見のまま設置されている可能性があります。
    また、盗聴器は一般人であっても数万円程度で簡単に購入が可能であり、今後もっと問題視されていくであろうことから、法人個人ともマーケットは広いと考えます。
    機器の販売、レンタルから出張サービスまで提供しております。
  • セキュリティルームを完備しており、パソコン、スマートフォンやIoT機器、半導体などの破壊、粉砕など月間数万台の業務をおこなっております。破砕証明書、データ消去証明書の発行など対応しております。

実績

官公庁、役所、大手メーカー、金融機関、病院、学校など納入実績多数!

一緒に何をしたいか

データ消去業界NO.1
まだデータ消去の分野はセキュリティの分野でも、かなりニッチです。でも必要性は高いと考えています。この業界を伸ばしデータ消去の必要性を理解していただけるようにしたいです。

メッセージ

法律などの改正やビッグデータ、Fintecなどデータ消去の必要性は大手企業だけでなく個人にもこれから広がっていくと考えています。是非当社と一緒に市場をつくりましょう。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

当社とのアライアンスにより、サービスを拡充したい方を求めております

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

生田 篤識

「データ消去コンシェルジュ」で検索しして下さい!

ミッション

データ消去の必要性を世の中に広める!

経歴

2005年創業、データ消去装置の開発、販売、レンタル、サービスを提供
官公庁、大手企業に納入、スマホやIOT機器のデータ消去や破砕事業を今年スタート
また日本技術者の半導体技術を大手企業に提案しております。AIや画像処理に役に立つプロセッサーなど

企業情報

企業名
リ・バース株式会社
事業内容
データ消去装置の開発・製造・販売・レンタル(磁気データ消去装置ERAZER)
業界初 スマホ・タブレット分解破砕装置によるデータ消去サービス
出張データ消去サービス
セキュリティ関連サービス
所在地
神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1京浜ビル2F
設立年月日
2005
外資区分
非外資
代表者名
生田 篤識
企業URL
https://www.data-concierge.jp
従業員数
〜10人未満
平均年齢
37
資本金
1千万円〜3千万円未満
売上
125 百万円
上場区分
非上場
主要顧客
防衛省、国税庁、NTTグループ、キヤノン、東芝グループ、日立グループ、明治大学、慶応義塾大学など

メンバー