eiicon

ZEROBILLBANK JAPAN株式会社

3カ月以内の提携希望
6カ月以内の提携希望
スタートアップ
プロダクト(製品)共同開発
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
新市場の模索
ヘルスケア
FinTech
IoT
ソフトウェア・システム開発
その他ITサービス
SaaS
更新日:2018/11/07

自社特徴

ブロックチェーン技術を活用した クラウド・IoT時代の新しいデジタルアセット管理サービスAPIを提供しています。
ブロックチェーンの開発知識は不要、これまでのAPIサービスと同様に既存サービスやアプリと連携させることですぐにブロックチェーン技術の活用が可能です。

■代表取締役CEO堀口 純一
日本IBMに12年間勤務した後、2012年よりIBM Singaporeに転籍。
2014年11月までの3年間、シンガポールを中心に日系企業のASEAN展開や機能集約支援に携わる。
その後イスラエルに渡り、2015年2月、ZEROBILLBANK LTDを創業。
ブロックチェーンやスマートコントラクト技術を活用した企業トークン発行管理基盤など Decentralized SaaSの提供を通して新たなトークンエコノミー創出をリードする。

提供リソース

  • 【ZEROBILL CORE API】
    ブロックチェーン技術を活用した クラウド・IoT時代の新しいデジタルアセット管理サービスAPIです。
    《easy》
    ブロックチェーンの開発知識は不要。これまでブロックチェーンを使ったことがない方でもZEROBILL CORE APIを活用することでブロックチェーンの特徴を事業に組み込むことができます。
  • 《quick》
    ブロックチェーンの利用設定はAPIを管理するだけ。これまでのAPIサービスと同様に既存サービスやアプリと連携させることですぐにブロックチェーン技術を活用できます。
  • 《customize》
    スマートコントラクトと連携したインセンティブ設計が可能となり、複数のステークホルダー間でデータ共有したオリジナル経済圏の設定など、より高度な設定も可能です。

一緒に何をしたいか

~Decentralized SaaSの提供を通じて分散システム環境でデジタルデータの有効活用を実現する~
すべてのヒト・モノ・コトがインターネットに接続する時代。
得られる多次元、かつ大量のデジタルデータを、従来の中央集権型システムで有効活用することは不可能です。
あらゆる産業で、これらのデータを分散型システム(Blockchain)で活用することが求められる時代になった今、Decentralized SaaSの提供を通じて分散システム環境でデジタルデータの有効活用を実現します。

■実績:
・2018年4月 アビームコンサルティング社と、ブロックチェーンを活用し “働き方改革”や“イノベーションへの取組みに対するインセンティブ” スキームのサービス提供に係る実証実験を開始
・2018年2月 企業の働き方改革を推進。ベネフィット・ワン社と業務提携。企業内通貨管理基盤『ZBB CORE』とポイント制報奨制度『インセンティブ・ポイント』を活用。
・2017年3月、相鉄・高島屋両グループクセラレーションプログラム 優秀賞
・2016年3月、MUFG Digitalアクセラレータ第一期Startupに選出。

メッセージ

デジタルデータの活用方法は様々です。
ブロックチェーン技術を活用し、お持ちのデジタルデータに新たな価値を見つけてみませんか?

【ユースケース1】
《課題》
時代に対応した働き方改革の推進
副業やリモートワークへの対応
増大する社内リワードコスト

《解決策》
企業コインによるリワードデザイン
業界別働き方改革テンプレートの活用
”行動のコイン化”による動機付け

《効果》
働き方の可視化による問題点の把握
社内外コミュニケーションの多様化

企業情報

企業名
ZEROBILLBANK JAPAN株式会社
事業内容
ブロックチェーンおよびスマートコントラクトを活用したプラットフォームサービス提供。実証フェーズからその後の事業開発策定の支援まで一貫したソリューションサービスを提供。
所在地
東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F
設立年月日
2016
外資区分
非外資
代表者名
堀口純一
企業URL
http://www.zerobillbank.com/
従業員数
〜10人未満
上場区分
非上場
主要顧客
株式会社ベネフィット・ワン アビームコンサルティング株式会社 沖電気工業株式会社 その他、大手企業十数社