北海道ガス株式会社

自社特徴

【ガスや電気だけじゃない。エネルギーのその先へ。北海道ガスと共に、540万人へ新しい暮らしと体験を。】


わたしたちは「北のくらし、もっとできること」をコンセプトに、100年以上にわたり、都市ガスを中心としたエネルギーをお客さまへお届けし、北海道の暮らしと地域の発展に貢献してきました。
世界では、環境問題が深刻化し、低炭酸化への動きが加速する中、寒冷地北海道は“エネルギー多消費地”。全国の中でも多くのCO2を排出しています。持続可能な北海道の未来のために。いま、わたしたちはエネルギー会社でありながら、本気の「省エネ活動」に挑戦しています。寒冷地の省エネに注目した家庭用エネルギーマネジメントシステム「EMINEL」を独自開発。“最小のエネルギーで快適な暮らし”を実現し、お客さまに新たな体験をしていただく。わたしたちは、そんなサービスを北海道に広げていきたい。

本プログラムでは、新しい発想や技術による「EMINEL」の進化、次代のエネルギーの在り方、
従来の枠にとらわれないお客さまサービスを実現したいと考えています。
北海道ガスとともに、暮らしを変革する共創パートナーを求めています。

<北海道ガス独自のHEMS※「EMINEL(エミネル)」とは?


※ホーム・エネルギー・マネジメント・システム
北海道ガス独自の家庭用エネルギーマネジメントシステム ”EMINEL”
一般的なHEMS機能を持ちつつ住環境のデータを活用し、お客さま一人ひとりに合わせた、 「最適な暖房自動コントロール」「省エネアドバイス」「エネルギーの見える化」など快適で省エネな暮らしを実現する機能を搭載しています。

提供リソース

  • 豊富な顧客基盤・データ
    ∟都市ガス・プロパンガス・電気を供給している顧客基盤
    ∟家族構成やエネルギー利用状況などのデータの提供
    ∟省エネ・お役立ち情報などを発信する北ガスマイページ 「TagTag」の会員情報

  • 北海道ガスのHEMS「EMINEL」プラットフォームの活用・実証実験
    ∟センサーやアプリを活用した暖房機器や住環境データの連携
    ∟環境省との実証事業3年間のデータを提供
    ∟新機能の実証実験が可能

  • 住環境データの提供
    ∟住環境マルチセンサーによるリアルな宅内データの提供

    ・東京都内での活動拠点の整備
    ∟都内コワーキングスペースでの商談/ミーティングを実施することによるスピーディーな対応

    ・実証実験の推進
    ∟環境省などの省庁・自治体の連携検討
    ∟ガス供給基地・発電所等のエネルギー供給施設

    ・販促活動場所の提供
    ∟ショールーム、クッキングスクール等、各種イベントを通じた「場の提供」

    ・グループ各社との連携
    ∟事業展開に必要なサポートを整備(販売チャネル、保守サポート体制等)
    ∟ガス機器販売、ガス工事、メンテナンス
    ∟住宅設備工事/住宅リフォーム
    ∟自動車/リース/メンテナンス

実績

◆住環境データを活用した環境省との3年間の実証実験
環境省が実施する「平成27年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択。札幌市内の100軒を対象にHEMSの省エネ実証を実施。エネルギー使用実態や室内の温湿度などの住環境データを取得し新たなシステムの開発に活かす。 ※本プログラムのリソースとして実証データを提供します。

◆北海道ガス × セコム/ALSOK
EMINELの人感センサーを活用した「かけつけサービス」の提供
「EMINEL」搭載の人感センサーを活用し、高齢者らの見守りサービスを新たに展開。ご家族の在宅状況をセンサーで検知して、お客さまのスマートフォンに 通知するサービスを提供し、通知を受けたお客さまの要請でセコムまたはALSOK の対処員が家族宅に駆け付ける。エネルギー事業以外の生活関連サービスにフォーカスをあてた新サービス。

◆北海道大学とセイコーマートとの連携。コンビニにAI搭載の融雪システムと燃料電池システムを導入し省エネを図る。

2018年7月に業務用では北海道初の燃料電池を活用した省エネシステムの試験運用を開始。さらに、現在北海道大学とともに共同研究を行っている深層学習を活用したAI(人工知能)搭載の融雪システムを導入する。今後、機器の運転データの収集・分析を行い、セイコーマート、北海道大学と連携し、積雪寒冷地の省エネシステムの研究・開発に取り組む。

◆地方自治体との連携。上士幌町におけるエネルギー地産地消の取り組みを推進
上士幌町の特性を活かした地産地消のまちづくりに参画。地域に賦存するエネルギーを活用した。酪農・畜産業が盛んなバイオガス発電による電力供給をサポート。地域活性化を目指した取り組みを進め、エネルギー支援以外にもサービス展開を進める予定。 (例: 高齢者や子育て支援、ヘルスケアやシェアリングエコノミー等)

  • 柔軟でフラット、スピード感ある意思決定を行っていきます。
  • 北海道ガス独自のHEMS ”EMINEL”プラットフォームの活用・実証実験が可能。
  • エネルギー事業以外の生活関連サービスにフォーカスをあてた新サービスも開始。

一緒に何をしたいか

①北海道ガスのHEMS「EMINEL」のプラットフォームや収集データを活用した新たなサービスの創出

・個人のニーズやライフスタイルに合った新たなサービス
(ビッグデータ、行動科学、AI、IoTの活用)
・医食住に関連した快適で便利な暮らしを実現する新たなサービス
・スマートスピーカーやウェアラブル端末等、既存デバイスとの連携
・タブレット、スマホを活用した新たなサービス 等

②次代のエネルギー活用と、新たなエネルギーシステムの構築

・ブロックチェーン等を活用した太陽光、EV、蓄電池、ガス発電機等分散型電源の有効活用施策 (余剰電力の預かりサービス、個人間取引等)
・デマンドレスポンスを活用した電力需要コントロールによるサービス
・エネルギーや機器のシェアリングサービス
・雪エネルギーの有効活用(冷房利用等) 等

③エネルギー事業の枠を超えたゼロベースからの事業創出

・街の環境や暮らしを向上させる新たなサービス (シェアリングエコノミー・空き家、空きビルのアイデア等)
・「ショールーム」「クッキングスクール」の場所を活用した新たなサービス
・新たな料金決済システムの導入
・北海道に暮らす人々の新たな体験やコミュニケーションの創造 等

メッセージ

1911年設立、100年以上の歴史を持つ北海道ガス。インフラ企業ということから腰が重い印象を持たれるかもしれませんが、従業員は800名ほどの企業規模で、新しいことにもスピーディーに取り組んでいける環境があります。特に今回のアクセラレータプログラムでは、入社2~6年目の若手社員を中心としたプロジェクトチームを新たに組み、柔軟でフラット、スピード感ある意思決定を行っていきます。
生活に密着したエネルギー会社だからこそ、医食住、省エネ、次代エネルギーといった大きなテーマ、そして少子高齢化、過疎化といった社会課題など、様々な切り口から新たなサービスを生み出していけるチャンスがあります。
「ガスや電気だけじゃない、エネルギーのその先へ」――経営陣、プロジェクトチーム全員が、既存のインフラ企業の概念を壊し、未来のエネルギー会社を創っていこうとしています。新たな事業やサービスを、ぜひ私たちと一緒に生み出していきましょう。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

■テクノロジーを保有し、人々の暮らしに関わる分野でサービス展開を行っている企業(住、食、見守り、介護など)
■エネルギー領域で新たな技術やアイデア、データをお持ちの企業
■北海道に事業基盤を置きたいと考えている企業
■エネルギー自由化ノウハウのある企業(国内外問わず)

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

課長

稲垣利陽

私たちは単なるガス会社から脱皮しつつありますが、このプロジェクトを通じて更にその先の未来に羽ばたくことを目指しています。そのためにはスタートアップの方々の力が不可欠。共に新しい風に乗り、新しい未来を創りだしましょう!

所属部署

エネルギー企画部エネルギー企画グループ

ミッション

・新たなアイディア・サービスの探索とそれらを活用した新事業開発
・アクセラレータープログラムの事務局運営

経歴

ガスの供給管理部、ICT推進部を経て、2016年よりエネルギー企画部でプロモーションやキャンペーンなど、営業推進に関する企画を行う。EMINELでは、「かけつけサービス」の企画設計と業務提携を担当。

企業情報

企業名
北海道ガス株式会社
事業内容
1.ガス事業
2.熱供給事業
3.電気供給事業
4.ガス副産物の精製および販売
5.ガス機器の製作・販売およびこれに関連する建設工事
6.その他の関連事業
所在地
札幌市中央区大通西7丁目3番地1
設立年月日
1911
外資区分
非外資
代表者名
大槻 博
企業URL
http://www.hokkaido-gas.co.jp/
従業員数
501名以上
資本金
10億円以上
売上
103,500 百万円
上場区分
上場

メンバー