スペースリンク株式会社

プロダクト(製品)共同開発
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
資金調達したい
スタートアップ
3カ月以内の提携希望
6カ月以内の提携希望
IoT
交通インフラ
電池
ロボット
コンデンサ
衛星測位システム
電源技術
更新日:2018/11/15

自社特徴

⼆次電池・バッテリーと⾔われる蓄電デバイスは、エネルギー量にメリットはありますが、パワー・スピードにデメリットを抱えています。⼀⽅でキャパシタと⾔われる蓄電デバイスは、その特性が逆となっており、このジレンマが存在している事が、イノベーション創出の弊害ともなっていて、独⽴電源でモーターなどを動作させる分野で致命的な課題を抱えています。どちらの特性も優れている理想的な蓄電デバイスを弊社は提供致します。

精密測量⽤等のハイエンド受信機とカーナビ⽤等のローエンド受信機が存在しています。ハイエンド受信機では、精度は⾼いのですが、価格が数百万円と⾮常に⾼額なため産業への利活用が困難な状況です。ローエンド受信機は、低コストだが、精度や安定性にデメリットを抱えており、⾼度な次世代ニーズに対応出来ません。準天頂衛星の補強信号も活⽤する、当社の受信機は⾼い測位精度と、⾼い安定性を同時に実現したコストパフォーマンスの⾼い受信機となっております。

提供リソース

  • <次世代蓄電デバイス事業>
    大容量キャパシタ・ニッケル水素電池・リチウムイオン電池を使用した機器類をご検討のお客様に最適な蓄電デバイスをご提案させて頂きます。
    セルや電極の設計だけでなく材料レベルからカスタマイズを施すことでフレキシブルにご対応致します。
  • <高精度測位システム事業>
    自動運転・ドローン航空管制などの社会インフラ基盤に必要な実証実験に最適な「多周波数対応マルチGNSS受信機」をご提供致します。
    自社で基礎研究から一貫して取り組んで参りましたので、細かなカスタマイズ/チューニングにご対応致します。
    他にも、建設機械や農業機械の自動化をご検討のお客様にも最適化してご提供させて頂きます。

実績

<納入実績>
人工衛星用GPS受信機(大学・公的機関・大手メーカー)
家庭用蓄電装置(戸建住宅メーカー)等
<受賞採択等>
2017.12 SEMICON Japan 2017
     「INNOVATION VILLAGE ピッチコンテスト」
     グランプリ受賞
2018.03 日本最大級ピッチコンテスト「未来2018」
     部門別最優秀賞受賞
2018.06 政府スタートアップ集中支援プログラム
     『J-Startup』特待生企業選定
2018.08 ICCサミット KYOTO 2018
    「リアルテックカタパルト」グランプリ受賞
2018.09 神奈川県の重点支援プログラム
    「かながわ・スタートアップ・アクセラレーション・
    プログラム(KSAP)」採択

  • CNTキャパシタ/バッテリー
  • 多周波数対応マルチGNSS受信機

一緒に何をしたいか

・下記プロダクトの試作評価や共同開発を経て、資本業務提携まで視野に入れながら共に成長戦略を描いて行きたいと考えています。
・2021年量産ライン稼働に向けて、キャパシタ/バッテリー/電源システムの試作開発受託を積極展開しています。
 1個口から試作致しますので是非ご依頼下さい。
・2018年秋と2019年春の2段階に分けてアップグレードしながら、「多周波数対応マルチGNSS受信機」の実証実験用端末の評価機をご提供致します。

メッセージ

超急速な充電が可能で、安全で安心、長寿命なエネルギーデバイス「CNTキャパシタ/バッテリー」で世界のライフスタイルまでも変えていくことを本気で考えています。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

専務取締役 COO

阿部 晃城

蓄電デバイスの2021年量産化に向けて、現在設計検討から試作開発まで1個口から承っております。
また、測位受信機の実証実験用端末をリリース致しました。
協業パートナー様からのお問い合わせをお待ちしております。

経歴

2004年建築・不動産・賃貸管理企業に⼊社。同年スペースリンク⾮常勤取締役に就任後、2010年常勤取締役に就任し、事業推進・渉外・資⾦調達・IR・労務・⼈事・管理業務に従事。現在専務取締役COOとして「宇宙(Space)と地上を技術でつなぎ(Link)サスティナブルな世界を実現する」ため事業開発・事業戦略⽴案・事業推進を担当している。
SEMICON Japan 2017「INNOVATION VILLAGE ピッチコンテスト」グランプリ受賞。未来2018(ロボット・AI・IoT部門)最優秀賞受賞。ICC KYOTO 2018「リアルテックカタパルト」グランプリ受賞。2018年J-Startup企業選定。

企業情報

企業名
スペースリンク株式会社
事業内容
カーボンナノチューブ(CNT)を活用した高容量キャパシタ「CNTキャパシタ」の開発と、宇宙用GPS受信機を地上で利活用出来るように改良した「多周波数対応マルチGNSS受信機」の開発を行っている。
所在地
神奈川県藤沢市遠藤4489-105
設立年月日
2004
外資区分
非外資
代表者名
阿部 俊雄
企業URL
http://www.spacelinkltd.jp/
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
55
資本金
1億円〜3億円未満
売上
7 百万円
上場区分
非上場
株主
・リアルテックファンド ・ドローンファンド 他
主要顧客
<対象市場> A.次世代蓄電デバイス事業 ①バッテリー市場 ・ロボット ・ドローン ・ウェアラブル端末 ・IoT端末 ・スマートフォン/タブレット端末 ・パーソナルモビリティ ・小型/大型EV ②キャパシタ市場 ・自動車関連 ・建機/農機 ・各種通信機器類 B.高精度測位システム事業 ・ドローン自律飛行/航空管制システム用 ・建機自動化 ・農機自動化 ・自動運転車両システム

メンバー