biid株式会社

スタートアップ
中小企業
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
資金調達したい
売却したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
土地活用
地方創生
更新日:2018/12/15

自社特徴

私たちは、マリーナやヨットハーバーに代表される海際や海上にある施設や不動産と船舶などの資産を再生、 有効活用することで収益化することに特化した事業を展開しています。
自らが運営する様々なキラーコンテンツとなるソフト事業、マリンビジネスの育成事業、海洋教育振興による青少年の育成事業、 地方公共団体、教育機関、スポーツ団体との協働などの事業などのノウハウを駆使し、人を呼び込み生まれ変わらせ、 新しい価値を生み出し感動と収益を生み出す事業による夢を創出していきます。

提供リソース

  • 【自社で運営する海辺、水際の施設】
    自らが運営するマリーナ施設やスポーツ施設などのリソースを利用して、教育事業やインバウンド事業の新たな可能性を探ります。

    〇biid株式会社の運営する施設一例
    マリーナ施設
    ┗ちょっとヨットビーチマリーナ江の島、大阪北港マリーナ、横浜港ボートパーク
    スポーツ施設
    ┗藤沢市総合型地域スポーツクラブマリンスポーツ用具置き場、大阪北港セーリングゾーン、ちょっとヨットビーチハウス新居浜、大阪北港テニスコート
    宿泊施設
    ┗大阪北港マリーナリゾートゲストハウス
    飲食施設
    ┗ヘミングウェイ(江の島、横浜、大阪北港)
    アウトドア施設
    ┗海の家 ちょっとヨットビーチハウス
  • 【多数の行政や教育団体、スポーツ団体との協業実績とノウハウ】
    私たちは、マリーナの民営化やその他地方公共団体と協力し様々な事業を協働しています。
    行政に限らず、教育団体や、スポーツ団体とも積極的に協働し、海辺の再生や有効活用、マリンスポーツビジネスなどの協働実績とノウハウを保有しています。
  • 【その他、biid独自のサービス】
    わたしたちbiid株式会社は、マリーナ再生、海洋教育普及、海辺、水辺の施設の有効活用を実現するため、 キラーコンテンツとなる様々なソフト事業、コンテンツ事業を展開しています。 その中には、ヘミングウェイの商標使用権や、マジックマリンブランドのディストリビューションなどのエッジのきいたサービスをはじめ、 そのほかWEBを活用した様々な独自サービスを展開しています。
    また、マリンスポーツ活性化、マリンスポーツ人口の増加のため、マリンスポーツ選手のサポートを行っています。

実績

【これまでの協働実績】
大阪市:大阪北港マリーナ、常吉西臨港緑地テニスコート、セーリングゾーン
神奈川県:金太郎キャンプ(不登校対策事業)
大阪海上保安監部:海上安全指導員受任、海上安全普及イベント開催、ライフジャケット着用推進マリーナ
近畿運輸局:海の駅の開設
その他、協働実績多数あり。詳細は下記URLをご覧くださいませ。
http://www.biid.jp/business/partnership/

一緒に何をしたいか

【新しい価値観と付加価値をもつ収益不動産、観光施設としてのマリーナの開発、運営】
ニッチながら魅力的なマリーナを中心とするマリン業界、マリンスポーツ業界の中で、
独自の斬新な手法によりビジネスを加速させ、かつお客様の利便性を向上させるような新しいサービスを生み出し、
新たなビジネスモデルを追加することで、今まで存在しない新たな収益を生みだし
、新しい価値観と付加価値をもった収益不動産、観光施設としてのマリーナを開発、再生、運営してまいります。
 
【『海』と紐づけたインバウンド向け観光不動産とスポーツ教育の事業化】
そして当社は、我々の本拠地である江ノ島で2020年に開催される東京五輪セーリング競技の開催とその後を視野に入れ、
私たちのマリーナ、ビーチ等の海際施設とその周辺の空き家、民家、古民家を、日本が持つ最大の観光資源である『海』と紐づけたインバウンド向け観光不動産事業として事業化します。
また、そこでマリンスポーツを通じて、子供たちやアスリートを育成し、将来、日本生まれ海育ちの世界で活躍できる人材として、
世界に通じるノウハウに成長した我々のオペレーションとともに、世界に発信してまいります。
 
それによって『海』を介した日本の21世紀における明るく豊かで活力ある社会の実現を目指したいと考えております。 

【これまでの協働実績】
大阪市:大阪北港マリーナ、常吉西臨港緑地テニスコート、セーリングゾーン
神奈川県:金太郎キャンプ(不登校対策事業)
大阪海上保安監部:海上安全指導員受任、海上安全普及イベント開催、ライフジャケット着用推進マリーナ
近畿運輸局:海の駅の開設
その他、協働実績多数あり。詳細は下記URLをご覧くださいませ。
http://www.biid.jp/business/partnership/

メッセージ

私たちは、マリーナの民営化や、その他地方公共団体と協力し様々な事業を協働しています。
また、行政に限らず、教育団体、スポーツ団体とも積極的に協働し、海辺の再生、有効活用、マリンスポーツビジネス、 マリンレジャービジネス、海洋教育の発展と育成振興を目的に積極的な事業展開を進めたいと考えています。

企業情報

企業名
biid株式会社
事業内容
1.海際施設、不動産、船舶の運営、再生、有効活用、コンサルティング事業
2.マリンスポーツクラブ運営受託
3.飲食店事業(Hemingway 事業)
4.海際施設運営のためのWEBシステム開発、デザイン、サービス運用
5. その他海際施設運営の差別化のための事業
所在地
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
設立年月日
2011
外資区分
非外資
代表者名
松尾省三
企業URL
http://www.biid.jp/company/profile/
従業員数
101〜500人未満
平均年齢
29
資本金
3千万円〜1億円未満
上場区分
非上場
主要顧客
大阪市、 横浜市、藤沢市、神奈川県、一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会、株式会社湘南なぎさパーク、日本橋三越本店、三越伊勢丹ホールディングス、株式会社フルッタフルッタ、株式会社ホープ、ホープボート株式会社、トーハツ株式会社、横浜はしけ運送事業協同組合、株式会社オーシャン、BiC Sport、Mbrand Interrnational、Hemingway Ltd.、Yachting New Zealand、Singapore Sailing Federation、The German Sailing Federation (German: Deutscher Segler Verband)