eiicon

株式会社マツザワ

中小企業
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
資金調達したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
ハッカソンの実施
ネットワーキング
人材派遣
通信インフラ・回線
ソフトウェア・システム開発
更新日:2018/04/26

自社特徴

弊社は創業から14年間、法人向けのシステム・インテグレーション、IT人材サービスを中心にビジネスを行ってきました。
特にオープン・ソースを用いたシステムの開発・構築については、他社さんよりも秀でている思います。
また、運用フェーズに携わる、つまり導入後のシステムがどのように利用されるのか、効果はどうなのか等を現場において肌で感じる機会が多いため、ユーザー視点のシステム開発を心得るエンジニアが多い点も特徴であると考えます。
弊社のエンジニアは非常に真面目である種職人的なところがあります。これは常にお客様に評価いただいているポイントになっており、こういった評価をがエンジニアにとっても満足感を高め、離職率2%台という数字にあらわれているのでは無いかと思います。

提供リソース

  • ・◆ 人材
    ・システム設計・開発
    ・インフラ設計・構築
    ・システム管理の設計・運用
    ・業務の運用設計・オペレーション

実績

・大手不動産サイト、バックオフィスシステム構築 × 2
・協会/学会等の会員管理システム(試験管理、会員管理、刊行物管理等)×4
・金融商品見積システム、タブレット/スマホアプリ
・位置データを用いたスマホアプリ
・全国60万社が利用する建築土木業界向けデータベースシステム
・某大手アパレル会社のECシステム構築
等々

一緒に何をしたいか

ITに関するものであればスマホアプリ、Webシステム、インフラサービス等など作る能力は十分にあると自負しています。しかし現状、プロダクト/サービスの企画・マーケティング、およびそれを販売する能力を獲得するに至っておらず、自社単独のプロダクト/サービス展開を行えておりません。
そのため「プロダクト/サービスの企画、販売する能力はあるが、製造能力が不足している会社」さんとアライアンスを組めればと考えております。

メッセージ

2020年までに売上1億〜2億程度のビジネスを立ち上げられればと考えております。
アライアンスの形態は、レベニューシェア、合弁会社等多岐に検討できますので、是非一度お話させていただければと思います。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

取締役副社長

山本 英樹

システムの開発、運用リソースの不足している企業様と、お互いの不足している部分を補完しあいながら、一緒に新たなビジネスを構築できればと考えております。
是非宜しくお願いいたします!!

経歴

独立系SIerを経て、2003年に現在の会社を代表と設立。
およそ13年で社員数100名、売上高11億規模の企業へと成長させた。
2013年にマレーシアにて100%独資の子会社を立ち上げ、現法の代表として日本企業向けのマーケティングサービス事業の立ち上げを行った。
現在は同社にてHRMの確立、新たなビジネスの開拓に取り組んでいる。

企業情報

企業名
株式会社マツザワ
事業内容
当社は硬さ試験機の総合メーカーとして、前身である松沢精機(株)の全業務や知見も含めた「マツザワ」のブランド力も引き継ぎ、設立しました。業務としては、ロックウェル・ビッカース硬さ試験機の設計・製造・販売を行っております。また、旧製品のメンテナンスおよび、自動検査システムの設計・製造・販売も行っております。近年、国の特定ものづくり基盤技術の高度化認定を受けて、硬さ試験機の高精度化を目的とした「電動型硬さ試験機」「生産現場対応型硬さ試験機」の開発および実用化に取り組んでおります。
所在地
秋田県秋田市河辺戸島字七曲台120-19
設立年月日
1995
代表者名
安保 徹
企業URL
http://www.matsuzawa-ht.com
従業員数
10人〜100人未満
資本金
3千万円〜1億円未満
売上
1,100 百万円