株式会社イコア

自社特徴

提供リソース

  • ・アルパインマーケティングでの調香監修
    https://ec.alpine.co.jp/shop/pages/aroma.aspx

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

青木恵

健康をキーワードにされている企業の方へ。ともに日本を健やかにしてまいりましょう。

経歴

998年、花と香りのスクールというコンテンツと花屋を掛け合わせたサロンドフルールイコアを埼玉、新白岡に開業。2000年、それまで教育という概念のなかったハーブティをスクール事業にし、日本に入ってきたばかりのプリザーブドフラワーに色別の香りをつけ、特許を取得。花業界に花と香りの世界を展開する。2006年、日本で初めて香りの文化と調香技術の取得にフォーカスしたアロマ香水(パフュームクチュリエール)スクール事業、エグゼクティブ向けの調香サービスもスタートし、1500以上の調香を積み重ねた。

これまでのナレッジを企業向けに活かすべく2015年より総務、人事にヒアリングを重ね、2019年1月に健康経営サポート事業「オフィス森林浴」をリリース。働く人の健康度・幸福度・効率性向上をサポートする「オフィスハーブ」という概念を掲げ、2019年1月に身体のバランスを整える8種のハーブをブレンドした「オールマイティ」、2019年7月に、リラックス効果のある「リラックスブルー」、リフレッシュ効果のある「パッションレッド」の2種のハーブティを開発し、発売。従業員を大切にしたい経営者、美容効果を期待したい飲食店にも好評を得ている。

企業情報

企業名
株式会社イコア
事業内容
1998年、ハーブティのブレンド技術、プリザーブドフラワーに香りを重ねる特許技術を学べる花と香りのスクールを開業。2006年には天然植物香料でつくる香水調香スクール事業を展開。これまで1300名以上のコーディネーターを輩出。エグゼクティブ向けの調香サービスもスタートし、累計1500以上の調香を積み重ねる。2015年より企業向け事業のコンテンツ化のためのヒアリングを重ね、本年2019年1月に「オフィス森林浴」をリリース。「のむ森林浴」では、イギリスのオーガニックハーブをメインにブレンド。「かぐ森林浴」では、こだわりの天然植物香料を独自にブレンドしたアロマリキッドと改良を重ねたオリジナル芳香器(実用新案取得済み)を使用。これまでのアロマサービスとは真逆の「拡散しないアロマ」と選べる香りで嗜好性の課題をクリアー、オフィスの中でもパーソナルに使える、「いらっとむかついた時」などの独自のネーミングはコミュケーションツールとしても好評を頂いている。現在、コミュニケーション&リフレッシュ、リチャージ、リラックスを働き方に導入したい企業への実績を増やしている。
所在地
東京都中央区日本橋室町1-11-6 サンパティーク日本橋三越前401号室
設立年月日
1998
外資区分
非外資
代表者名
青木恵
企業URL
http://ikoa-f.com/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
41
資本金
1千万円〜3千万円未満
売上
1 百万円
上場区分
非上場
株主
代表青木恵 100%
主要顧客
東急リバブル株式会社、パーク24株式会社、興国インテック株式会社、株式会社アトリウム某製造メーカー、某ホテルチェーン、某不動産会社、某社食企業など

メンバー