株式会社 湘南ジャーナル社

自社特徴

1)日本初のカラーのフリーペーパー“湘南ジャーナル”の発行=平塚、大磯、二宮等の地域に毎週10万5千部を配布 
子どもからおじいちゃん、おばあちゃんにまで愛されている歴史あるフリーペーパー
2)WEBマガジン“PADDLER SHONAN”を発信:https://paddler-shonan.com/ 
湘南特有なライフスタイルの紹介や人の紹介、湘南の本質を切り取った情報を提供。湘南に住むかっこいいな男たちの目線をとらえ、またそういった男たちの目線、切り口での情報紹介が特徴。
3)各種広告作成・印刷・デザイン制作・WEB制作等
4)湘南地域で活躍する人々のセミナーや自社企画イベントの開催

一緒に何をしたいか


本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役副社長

定成 幸代

多様な経験の中でも、事業開発は得意分野。会社の社員と地域の人びとと自分の家族と面白いことを毎日つくりだしていくぞ。

所属部署

オーナー

ミッション

もちろん!自社事業の拡大と継続。自社メディアを自社事業のマーケットプレイスとして活用し、より多くの消費者や企業にさらに役に立つサービスを展開することがミッション!
生きる=知恵(教育)・ライフスタイル・生命力=健康的な生き方を支えるメディア企業に自社を育て上げる。

経歴

外資系最大手総合化学会社ならびに外資系最大手繊維総合メーカーでマーケティング、営業、技術、ブランドマネージメントの部門にて、マネジメント(マネージャー・ディレクター)として18年の経験。その後、国内外企業のリソース強化サポート・事業開発のコンサルティングベンチャー企業を国内外に設立。国内外の上場企業から中小企業に至る企業のあらゆる事業をサポート。
また、シンガポールのインターナショナルスクールの日本の代表も担当。

湘南ジャーナル社の2代目社長(会長)を父に持ち、父の引退(没)により、急遽経営参加することに。(する羽目に…)
なお、プライベートでは、2児を持つバイリンガルお母ちゃん。止まらない(動きっぱなし)お母ちゃんとして有名。

企業情報

企業名
株式会社 湘南ジャーナル社
事業内容
湘南地域のローカルメディアとして、日本初のカラータウン誌を発行。現在も、平塚、大磯、二宮地域10万5千部配布。そして、オウンドメディアとして、湘南地域の情報発信ウェブ PDDLER SHONANを発信。湘南地域で、メディア発信のみならず、広告代理業、印刷、イベント企画開催、NPO法人ママプラグとの連携による防災事業、また、グループ会社にて、事業開発・マーケティング・海外進出等のコンサルティングサービスを提供し、すでに、日本ならびに海外の中小企業のみならず、大手上場企業との取引をいくつも請け負っています。

そして、グループ会社においては、一昨年より子どもの教育・育成事業をスタートし、シンガポール最大級の私立のインターナショナルスクール並びにカレッジと提携契約し学校の日本オフィスとして、留学、英語教育、修学旅行等のコーディネートや学生や保護者の相談等も受けつけています。また、バイリンガルの空手道場も行っている。
所在地
神奈川県平塚市
設立年月日
1973
外資区分
非外資
代表者名
徳永 雄一/ 定成 幸代
企業URL
http://www.shonan-journal.com/
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
40
資本金
1千万円〜3千万円未満
売上
150 百万円
上場区分
非上場
主要顧客
大磯プリンスホテル、ららぽーと平塚、平塚ステーションビル、横浜ゴム平塚工場、株式会社湘南ベルマーレ、平塚市商工会議所、葦、湘南造園、その他湘南地域の企業や商店。

メンバー