丸七製茶株式会社

自社特徴


全国各地からこだわりの茶(篤農家、品種、栽培方法)原料を集荷、全国各地のお茶のプロへの製品企画、提案、試作を行い、全国の様々な嗜好に合わせた製品製造販売を行ってきたノウハウがあります。
保守的な伝統産業の中で静岡県で始めて抹茶の製造

提供リソース

  • ・荒茶製造2工場 日産約4t
    ・日本茶製造3工場7ライン 日産約10t超
    ・殺菌加工1ライン 日産約0.5t
    ・少量充填ライン(50~300g)12ライン 日産約2.5万本
    ・ティーバッグ加工10ライン
    ・抹茶等粉砕加工250トン/年
    ・インスタントティー用抽出・乾燥・造粒製造1ライン
  • ・ジェラート工場
    ・チョコレート工場(選別、焙煎、粉砕、テンパリング、成型、冷却、充填)
    ・各種スイーツ製造工場(焼き菓子、冷凍菓子)
  • 社内、グループ各社のリソースを生かした企画、提案、製造、販売
    子会社/喜作園ではお茶摘み体験ができる観光施設、お茶を使ったレストラン経営

一緒に何をしたいか

新しい日本茶飲料
新しい日本茶の淹れるマシン開発
新しい日本茶の販売方法
日本茶の海外販売

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

日本茶を生かした新しい可能性を生み出す取り組みを共に行って頂ける企業

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役社長

鈴木成彦

茶農家の収入は春収穫の一番茶が75%、秋の番茶はわずか7%
それなのに日本茶飲料や海外輸出はその収入7%にしかならないものが中心、現状の飲料や輸出では茶農業を救えない
こうした世の中で報道されない実情を変えていくことに共感して頂ける企業と協同で課題解決を推進したい

所属部署

営業本部

売上の達成だけでなく、その構造を変える必要があり、社会への貢献を度を高めながら発展的な営業活動を行う必要があると考えます

ミッション

日本の農業を救い、地域のコミュニティを生かすカフェ店舗開発が求められている

企業情報

企業名
丸七製茶株式会社
所在地
企業URL
http://www.marushichi-group.jp/

メンバー