eiicon

株式会社コードタクト

ニーズ:
更新日:2017/04/03

自社特徴

2015年1月創業と新しい会社ですが、すでに総務省や文部科学省の実証事業への参加、ソフトバンク コマース&サービス株式会社との協業、Classi株式会社へのOEM提供など、ベンチャー企業として一般に参入しにくいと言われている公教育に導入がされていることが強みです。また、2017年を目処にサービスの海外展開に向けて開発を進めています。

提供リソース

  • ・サービス「スクールタクト」
    iPadなどのタブレット端末を一人一台持っている環境で使うLMS(Learning Management System)で、PDFの教材をアップロードするだけで、生徒の学習状況をリアルタイムで把握できたり、お互いの解答を共有することで「みんなで学び合う」学習環境を簡単に構築できます。Webブラウザさえあれば利用できるので、PC、タブレット、スマホなど機種を問わず活用できます。
    ※現在、特許出願中。
    ※総務省先導的教育システム実証事業に採択20,000人以上のユーザーが利用。
    ※第13回 日本e-Learning大賞 EdTech特別部門賞受賞
  • ・IT
    日本トップクラスのICT技術者が在籍し、かつ教育分野に対する深い知識・ノウハウの両方を持つ集団です。
    システム開発を担う石田は、U-20プログラミング・コンテスト最優秀賞など数々のプログラミング・コンテストで優勝実績のあるプログラマーです。
    また、代表の後藤は独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の「未踏スーパークリエータ」に認定された技術者であり、総務省先導的教育システム実証事業のプロジェクトマネージャー、日本デジタル教科書学会役員、福島県新地町教育委員会のICT活用協議会アドバイザー、京都府清明高校意見聴取会議委員などを務める教育実践者でもあります。
  • ・音楽
    代表の後藤はプロオーケストラの指揮者でもあります。kinectやLeap motionなどのセンサーデバイスを活用した新しい演奏会の形を提案する弊社では、システム開発だけにとどまらず、指揮者として演奏会のプロデュースをし、実際に演奏会の開催を行うことが出来ます。

一緒に何をしたいか

ITの力で教育・芸術の新しいあり方を探求し、生きる力と感性を育む。

教育において、先生とITを滑らかに繋ぐことで、生徒が「主体的に学ぶ」ことができる環境を実現する。
芸術において、音楽とメディアアートの融合を通して、「主体的に聴く」ことができる環境を実現する。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

後藤 正樹

代表取締役/エンジニア/IPA認定スーパークリエータ/コンダクター

東京大学大学院総合文化研究科、洗足学園大学指揮研究所を卒業。
大学院在学中より代々木ゼミナール物理科講師やNPO法人FTEXTにおいて検定外数学教科書の開発に参加し、その後サイボウズ、ベストティーチャーを経て、現在、株式会社コードタクト代表取締役、総務省先導的教育システム実証事業プロジェクトマネージャー、株式会社スタディラボ取締役、日本デジタル教科書学会の役員などを務める。
慶應義塾大学特任招聘教授 夏野剛氏のもと、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)「未踏IT人材発掘・育成事業」において未踏スーパークリエータに認定、日本e-Learning大賞奨励賞。
一方、オーケストラ指揮者としても活動しており、琉球フィルハーモニックチェンバーオーケストラ”イオ”指揮者、那覇ジュニアオーケストラ指揮者、アレグレット交響楽団常任指揮者などを務める。

企業情報

企業名
株式会社コードタクト
事業内容
2015年1月 会社設立
2015年1月 授業支援システム「schoolTakt」販売開始
2015年4月 総務省「先導的教育システム実証事業」コンテンツプロバイダーとして採択
2015年5月 イベント演出アプリ「Party Takt」サービスリリース
2015年7月 総務省「ICTドリームスクール実践モデル」に採択
2015年11月 ソフトバンク コマース&サービス株式会社「schoolTakt」独占販売開始
2015年11月 Classi株式会社に「schoolTakt」OEM提供開始
2016年8月 打楽器アプリ「Peercus」サービスリリース
2016年10月 第13回 日本e-Learning大賞 EdTech特別部門賞受賞
所在地
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-20-19新宿東洋ビル501号室
外資区分
非外資
企業URL
http://codetakt.com/
上場区分
非上場