株式会社ShimaFuji IEM ニューラルポート事業部

地方発ベンチャー
プロダクト(製品)共同開発
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
アイディアソンの実施
ハッカソンの実施
FinTech
IoT
スマートシティ
更新日:2019/05/28

自社特徴

ほんの少し斜め上からの切り口で、既存の技術でもイノベーションを起こせるキッカケを作り、ビジネスモデル化します。

圧倒的な存在価値のあるコンテンツホルダーとの交渉や日本展開支援から得た知見をもとに、企業風土を変革させるコンテンツを提供してまいりました。その知見を生かした新規事業提案を開発を含めて責任持って行っています。
優秀な学生を集めたハッカソン開催も可能です。

提供リソース

  • IoTデバイス開発, 設計, ソフト開発, VR
  • 業務改善ソフト(本質的な問題解決をもたらすもの)の提供, 保守, メンテ
  • ShimaFuji IEMとしては、
    ・イノベーションの起きやすい社内風土の改革,
    ・チームや組織のWHY設定,
    ・プロジェクトリーダーや中間管理職の教育,
    ・持てる資産の再活用とAIやICTを活用した新規サービスの発案,
    ・海外著名コンテンツホルダーとの交渉
    などで実績を上げています

実績

https://shimafuji.jp

  • 2018年8月スティーブ・ウォズニアック氏誘致交渉/アテンド
  • 2017年12月 ジェイ・エイブラハム来日企画交渉アテンド
  • 2016年産経新聞社との共催によるジェイエイブラハム・経営セミナー

一緒に何をしたいか

日本が持てる技術力で、再び世界を圧巻したい

メッセージ

日本ほどクリエイティブな国はありません。
ただし表現とマーケットフィットは改善せねばなりません。
持てる資産を活用し、日本全体が緩やかな事業部制のようにつながることで、世界をリードしていけると信じています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

柔軟な思考力と、トライアンドエラーを許容する敏速で小規模の行動力

企業情報

企業名
株式会社ShimaFuji IEM ニューラルポート事業部
事業内容
社内風土改革の研修とコンテンツ製作を行うShimaFuji IEMから派生し、デザイナー経験を生かしたユーザーとテクノロジーをつなぐ支援を行う。女性目線を生かしたIoTデバイスやソフト設計も。
所在地
大阪市淀川区西中島4-2-26
設立年月日
2018
外資区分
非外資
代表者名
島藤真澄
企業URL
https://neuralport.jp
従業員数
〜10人未満
平均年齢
39
資本金
〜5百万円未満
売上
30 百万円
上場区分
非上場
株主
ニューラルポートは、2019年5月末より株式会社ShimaFuji IEMの事業部化になりました。https://shimafuji.jp
主要顧客
PHP研究所, KADOKAWA, 産経新聞社