本田技研工業株式会社

自社特徴

【全世界で年間3,000万人以上のお客様に製品をお届けするモビリティーカンパニー】

Hondaは1948年の創業以来、本田宗一郎が大切にした「夢」を原動力とし、二輪・四輪を中心に多岐にわたる製品を生み出してきました。現在では国内のみならず全世界の人々に製品を提供しており、2017年の全世界累計販売実績は二輪・四輪・パワープロダクツ合計で3,104万台となりました。今後はHondaの強みである多岐にわたる製品、それを支える技術力、モノづくりの力、グローバルで事業を展開するネットワークをさらに進化させるとともに、モノだけでなくコトづくりを含むソリューションを提案し、さらなる「移動の進化」と「暮らしの価値創造」をリードしていきます。

【技術SEEDs公開!Hondaの技術をこれまでにない新しい形で役立てたい】

「技術は人のためにある。」という創業以来の企業精神のもと、Hondaは時代をリードする革新的な技術を生み出してきました。ジェット機、ロボット、バイオテクノロジー、人工知能など、エネルギーや地球環境といった課題に対してさまざまな分野で、新たな技術の挑戦を続けています。
変化する未来に向けて、Hondaの技術を、これまでにない新しい形で役立てたい。業界・業種を超えて幅広い企業の方々と新たな可能性を探りたいと考えています。
今回、技術シーズを公開するのは二輪領域とパワープロダクツ領域(発電機、耕うん機、芝刈機など)を担当する「二輪事業本部」と「ライフクリエーションセンター」で開発した技術です。Hondaが誇る技術と人に、さまざまな発想を掛け合わせることで、「すべての人に生活の可能性が広がる喜び」を共に創っていきましょう。

提供リソース

  • ●カセットガスで動くガスエンジン


    →ガソリンではなく、市販のカセットガスを動力・電力に変えられる技術。
    →普段ガソリンを使い慣れていない人でも、容易に取扱いが可能。
    ・身近な家庭用のカセットガスを使用するため、簡単・手軽に使用できる
    ・ガソリンに比べて保管・取扱いが容易なため、補充も手軽に行える
    ・入手・保管性が良いカセットガスを使用

  • ●熱と二酸化炭素も有効利用できるガス発電


    →ガス発電に伴う排熱を利用して、給湯や暖房などの同時有効利用が可能。
    →二酸化炭素をコンパクトかつ効率的に回収し、自然エネルギーも有効利用。
    ・ガスエンジンで発電することでの排熱・二酸化炭素を同時に有効利用
    ・センシング技術により二酸化炭素の吸着率を自動で改善することで、細かいメンテナンスも不要

  • ●高外観&高耐食な黒色皮膜 New!


     6価クロムの環境規制に伴い代替として用いられた従来の3価クロム黒色化成被膜は、着色性と耐食性の両立が難しかったが、今回新たに3価クロム黒色化成処理皮膜の下地+黒色塗装皮膜としてのトップコートからなる被膜を開発したことにより、高外観&高耐食の両立を実現。現在、本技術は弊社二輪製品の多機種に渡る螺子部品で採用中。

実績

パワープロダクツ製品の場合、そのほとんどがパートナー企業へのエンジンセールス。その数は、販売した600万台のうち400万台に及びます。自社製品をつくりたいが、エンジン開発まで手が届かない完成機メーカーから、「Hondaのエンジンを搭載した新しい商品をつくりたい」という相談が多く寄せられ、実績も多数あります。また、パートナー企業から新しい商品をつくる提案がされた場合、ユーザーが求めているニーズなど互いの情報を交換しながら、ゼロから一緒に考えていきます。互いの強みを活かしつつ、互いにメリットを生み出すことが、私たちの仕事の進め方です。

  • カセットガスで動くガスエンジン
  • 熱と二酸化炭素も有効利用できるガス発電
  • 高外観&高耐食な黒色皮膜

一緒に何をしたいか

以下3つの技術シーズを用いて、幅広い業界のパートナーと新たな可能性を探り、共創したいと考えています。

●カセットガスで動くガスエンジン

・カート……ガソリンエンジンの代替として、簡単で手軽なカセットガスを使用したカートでの活用など
・家庭用ガーデニング機器……草刈機・刈払機・チェーンソー・噴霧器ネット など、家庭のガーデニングで使用するエンジン機器など
・その他……ガソリンを動力の燃料として動く機械の代替として


●熱と二酸化炭素も有効利用できるガス発電

・植物工場……排出した二酸化炭素を有効利用した植物栽培など
・新エネルギー……発電×発熱×二酸化炭素を活用した新たなエネルギーの形など
・その他……電気が安定的に供給されない地域へ、ガスによる発電・発熱・二酸化炭素を同時活用など


●高外観&高耐食な黒色皮膜

・乗り物用途……自動二輪・四輪車はもちろんのこと、自転車やキックスケーター、車椅子や船など様々な乗り物の螺子部品での活用
・アウトドア用品……海や山などのレジャーシーンで活躍するアウトドア用品の螺子部品での活用
・屋外利用製品……特に屋外環境下で用いられることが多い電気製品や園芸用品などの螺子部品での活用

メッセージ

創業者・本田宗一郎が、自転車で買い出しに行く奥様を楽にしてあげたい一心で、自転車に発電用小型エンジンを付けたことからHondaは始まりました。以来、長年に渡り培ってきた私たちの「人々の役に立つ技術」を、自分たちの利益よりも、世の中に貢献するために使ってくれる企業と出会えたら嬉しいです。

SNSが発達した現代では、共感を得られなければ誰も振り向いてくれないですし、共感される事業を行う会社でなければ生き残ることはできません。ぜひ、私たちの想いに共感していただける企業と一緒に、世の中に貢献できるプロダクトを生み出していきましょう。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

上記3ついずれかの技術シーズとの掛け合わせによって、新しいビジネス・プロダクトが生み出せるアイデアやテクノロジーをお持ちの企業

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

統括部長

別所弘和

Hondaの技術を、これまでにない新たな形で役立てたいと考えています。ぜひお気軽にコンタクトください。

所属部署

知的財産・標準化統括部

経歴

1983年株式会社本田技術研究所入社。特許出願など特許技術分野の業務に従事。1996年より本田技研工業株式会社知的財産部にて、米国特許訴訟や中国・アセアン諸国における特許・意匠訴訟を担当。2001〜2006年には本田技研工業(中国)投資有限公司知的財産部長として、中国内関連会社の知財業務を統括。2010年以降は本田技研工業株式会社知的財産部門の要職を歴任し、2017年4月より現職。

企業情報

企業名
本田技研工業株式会社
所在地
東京都港区南青山2-1-1
設立年月日
1948
外資区分
非外資
代表者名
八郷隆弘
企業URL
https://www.honda.co.jp/
従業員数
501名以上
上場区分
上場

メンバー