株式会社グレインズ

自社特徴

30年の実績を持つ化粧品専門のコンサルティング会社。大手化粧品会社の商品開発に長く関わり、大手8つのブランドを立ち上げた実績がある。OEM会社や企画会社との最大の違いは、研究開発費を投資して、自社にて化粧品の新成分を開発している点。(OEM会社とも連携しています)昨年より新プロジェクト「コスメティックコンシェルジュ」を立ち上げ、4件の新成分のスペックを既に開発済み。開発専門技術者をプロジェクトに抱える。(一件は商談中)
また、ネーミングからボトルデザイン、コピー、広告まで一貫した化粧品コンサルティングの実績を持つ。さらに、アジア市場をにらみ、この4件の新成分はアジア発売のためのレギュレーションにも対応しています。越境EC専門のプロデューサーも抱える。

提供リソース

  • 自社にて開発済みの4件の新化粧品成分(研究開発費は投資済み)、10億以上の市場を目指す事業化のパートナーを探している(一件は商談中)
  • 30年の化粧品に特化したブランディングの実績、成分開発からコミュニケーション企画まで。(大手8ブランド。最大500億ブランド(現在)の実績を持つ)
  • アジア化粧品マーケッティング機能を有する(越境ECの提携先など)。成分企画内容については、守秘義務契約締結後に公表。グレインズはコンサルティング会社であり、成分研究開発費のみ投資(通常一件あたり数千円)を行う。

実績

30年の実績を持つ化粧品専門のコンサルティング会社。大手化粧品会社の商品開発に長く関わり、大手8つのブランドを立ち上げた実績がある。OEM会社や企画会社との最大の違いは、研究開発費を投資して、自社にて化粧品の新成分を開発している点。(OEM会社とも連携しています)昨年より新プロジェクト「コスメティックコンシェルジュ」を立ち上げ、4件の新成分のスペックを既に開発済み。開発専門技術者をプロジェクトに抱える。(一件は商談中)
また、ネーミングからボトルデザイン、コピー、広告まで一貫した化粧品コンサルティングの実績を持つ。さらに、アジア市場をにらみ、この4件の新成分はアジア発売のためのレギュレーションにも対応しています。越境EC専門のプロデューサーも抱える。

一緒に何をしたいか

日本だけにとどまらず、アジア市場進出を前提とした新しい化粧品ブランドを立ち上げ、100億のブランド売り上げを目指す。

メッセージ

あらゆる仕事は一粒の種から生まれます。
種が芽を吹き仕事は成長します。
しかしその種はどこから来るのでしょうか。
種は創造されるのです。
私たちグレインズは今日まで常に、創造型コンサルティングを目指してきました。
今回HPでご紹介するのは、現在グレインズの取り組んでいるプロジェクトの概要です。
会社を紹介するためには、現在まさに取り組んでいる仕事を紹介することが一番わかりやすいと考えました。
種が芽を吹き、成長し、そして実るまで
私達は今後も挑戦し続けます。
美濃部淳

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

①新成分開発費はグレインズのマターとなる。(パッチテスト費などは別)
②流通に関しては提携先のマターとなる
(例、第1号案件の提携は、中堅ドラッグストアのPBとして検討中)
③ブランドコミュニケーション開発費は提携先のマターとなる
④グレインズはコンサル費プラスロイヤリティ契約が基本。
⑤化粧品会社の新商品として、ドラッグストアのPBとして、IT系企業の新規事業として
健康産業企業の新規事業として、通販会社の新アイテムの開発として、などを想定しています

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

取締役会長

美濃部淳

経歴

1956年 神奈川県生まれ
1981年 上智大学外国語学部英語
    学科卒業
1981年 株式会社博報堂入社 
1990年 株式会社博報堂退社
    株式会社グレインズ設立 
    代表取締役就任
2009年 株式会社グレインズ 
    会長就任

企業情報

企業名
株式会社グレインズ
事業内容
化粧品に関するコンサルティング全般
所在地
東京都港区南青山2-2-15Win青山ビルCF917号
設立年月日
1990
外資区分
非外資
代表者名
野村建二
企業URL
http://grains-japan.co.jp/aboutus.html
従業員数
〜10人未満
平均年齢
50
資本金
1千万円〜3千万円未満
上場区分
非上場
株主
美濃部淳
主要顧客
大手化粧品各社、大手広告代理店各社等

メンバー