学校法人瓜生山学園 京都芸術大学

自社特徴

京都芸術大学は、社会課題を解決し、価値創造を生み出すプロジェクトが機能するプラットフォームとしての役割を担います。企業やスタートアップにとっては、新たな事業機会の創出に。学生にとっては社会の課題に向き合い、失敗を繰り返しながら“本物”で学ぶ場に。伝統工芸からIoTを活用した新技術・サービスまで、未来のクリエーションを生み出す開発拠点です。

提供リソース

  • ◆新製品・サービス開発支援
    各企業様がお持ちの技術や基礎研究の内部リソースを元に、新製品・新サービスのアイディア創出支援を行います。また、外部リソースを活用してイノベーションを誘発する「開発ワークショップ」も実施いたします。
  • ◆共創パートナーのコーディネイト
    伝統工芸、アート、デザイン、地域開発、海外研究機関、テクノロジーなど、各企業・自治体様の抱える課題解決につながる専門性を有するネットワークの構築支援を行います。
  • ◆人材育成・人材開発
    アート思考、デザイン思考、デザイン経営、観察、コミュニケーション、プレゼンテーションなどのスキルを身につける人材育成事業を展開。社員の能力、スキルを最大化する組織づくりに向けた人材開発を行います。

実績

本学のこれまでの活動や設備については以下、URLよりご覧ください。

瓜生通信
https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/

OPEN INNOVATION PROJECT
https://oip.kyoto-art.ac.jp/about/

  • 2018年にはIoTプロダクトなどの開発が可能な工作機器を備えた工房を新設
  • 「想像しうるものはすべて実現可能」と宣言し、あらゆる機械・工具や技術スタッフを揃えている
  • 企業・研究機関とのオープンイノベーションをスピーディに推進できる環境を実現

一緒に何をしたいか

京都芸術大学は、開学の哲学(理念)として、「藝術⽴国」「京都⽂藝復興」を掲げ、「社会の変⾰に役⽴てる⼈材の育成」を教育⽬標に掲げています。
その本学が取り組んでいるのが、「芸術教育の社会実装」です。本学では美術制作からグラフィックデザイン、建築、舞台芸術、アニメーション、⽂化財保存に⾄るまでほぼ全ての芸術分野を網羅しており、依頼内容に応じて教員から適任者をマッチングし、商品開発やまちづくり、イベント創出などの事業連携を⾏っています。
企業・⾃治体の皆さまにとっては新しい世代の斬新な提案⼒と、それを形にする実現⼒を⽬の当たりにしていただける機会です。ぜひ、皆さまがお持ちの課題や実現してみたい企画をお聞かせください。

メッセージ

「課題の発見→解決策の多面的な提案」「共感を生み出す企画・プレゼンテーションの創出」「プロセスや魅力の可視化」が、アート&デザイン分野の得意とするところです。大学は、官民学を越えて人が交わるハブとしての機能も有しています。本学は、日本から次々と新しいスタートアップが誕生し、社会課題を解決するイノベーションが創出されることを期待しています。

企業情報

企業名
学校法人瓜生山学園 京都芸術大学
事業内容
京都芸術大学は、1977年に開設された京都芸術短期大学を前身に、1991年に4年制大学を、1998年に通信教育課程を、2010年には東京に「外苑キャンパス」を開設するなど発展を続け、現在11,385名の学生が就学する国内最大規模の総合芸術大学(2019年5月現在)です。その教育の現場では、「藝術立国」を志に、「芸術教育の社会実装」に向けた人間力教育に積極的に取り組んでいます。
所在地
京都府京都市左京区北白川2-116
設立年月日
1977
代表者名
学長 尾池 和夫
企業URL
https://www.kyoto-art.ac.jp/
従業員数
501名以上

メンバー