日本のLogiTech®※1をリードするGROUND株式会社は、2019年8月1日(木)、さらなる事業拡大とEC・物流業界における新しい価値創出を加速させることを目的に、株式会社INCJ、Sony Innovation Fund (ソニー株式会社)、サファイア第一号投資事業有限責任組合(サファイア第一号ファンド)※2、JA三井リース株式会社、IMM Investment Corp.、IMM Investment Group Japan 株式会社などへ第三者割当有償増資を行い、総額17.1億円の資金調達を実施した。

これに伴い、リードインベスターである株式会社INCJ ベンチャー・グロース投資グループ マネージングディレクター 鑓水 英樹氏がGROUNDの社外取締役に就任し、同社の事業活動の強化と盤石かつ機動的な組織体制の構築を支援する。


<GROUND株式会社 代表取締役 CEO 宮田 啓友氏のコメント>

日本のEC・物流業界に新しい価値を創出し、物流改革を推進したいという強い思いから2015年にGROUNDを設立しました。

我々が目指す『Intelligent Logistics®※1』という物流の未来像とAIやロボットなどの先端テクノロジーを活用した物流ソリューション事業を評価いただき、資金調達を実施できたことを大変光栄に思っています。

今後は、さらなる事業拡大に取り組み、国内外の物流改革に貢献することを通して企業価値向上を目指します。


■同資金調達ラウンドにおける資金調達の目的

同ラウンドの資金調達は、GROUNDが流通・物流・EC事業者を対象に推進する以下のコア事業の拡大と加速、そして物流業界に対してグローバルに提唱・推進する『Intelligent Logistics®※1』をAIやロボットなどのテクノロジーを活用して実現することを目的としている。

1.自律型協働ロボットを中心とする物流ロボットの提供、並びに物流ロボット運用最適化ソリューションの研究・開発・提供

2.AIによる物流データ整備および標準化モデルの研究・開発・提供

3.次世代型物流シェアリングモデルの研究・開発

また、事業拡大に向けた人材の積極採用や育成、物流領域における新しいテクノロジーのリサーチや開発体制の強化にも取り組み、企業価値の向上に努める。


■EC・物流業界を取り巻く環境

日本は、少子高齢化の加速に伴って2010年から2060年までの50年間における生産年齢人口の半減※3が大きな社会課題の一つとなっており、働く世代や高齢者を支援する物流サービスの需要は拡大傾向にある。

また、インターネットの発展に伴い、ECが社会インフラへと成長する一方で、少子高齢化による生産年齢人口の減少、消費者ニーズの高度化や多様化、配送短期化、人件費や運送費の高騰など、EC・物流を取り巻く環境は厳しさを増し、さまざまな課題への対応が求められている。

こういった背景や課題を踏まえ、GROUNDは2015年の設立以来、物流業界における新しい価値創出と物流改革を目指し、AIやロボティクスなどの先端テクノロジーを活用したソリューションを誰もが利用できる物流プラットフォームの構築に取り組んでいる。


■共同投資家からのコメント

<株式会社INCJ (株式会社産業革新機構から新設分割) 代表取締役会長(CEO) 志賀 俊之氏からのコメント>

我が国の少子高齢化に伴う労働力不足が顕在化する中、GROUND社が提供するロボティクス・AIを活用した革新的なソリューションが、物流改革の一躍を担い、社会課題の解決に貢献することを期待しています。また、今後、同社が国内外の企業と連携し、日本発のグローバルな物流ソリューションプロバイダを目指すことを支援してまいります。

<Sony Innovation Fund (ソニー株式会社) Senior Investment Manager 北川 純氏からのコメント>

GROUND社は物流業界における労働力不足という大きな社会課題の解決に向けて、経営チームが有するテクノロジーと業界知見を合わせたハイブリッドモデルによる「地に足のついた」ソリューションを提供できるスタートアップであると認識しています。同社のさらなる成長と、顧客企業様に対して画期的な体験がもたらされることを期待しております。

<サファイア・キャピタル株式会社 代表取締役社長 山田 泰生氏からのコメント>

GROUND社の物流ノウハウ及びAIやロボティクスなどの先端テクノロジーを活用した次世代物流ソリューションを高く評価し、今回の投資を決定致しました。同ソリューションが日本の企業のみならず、グローバルで広く利用されることを期待しています。今回、グロースファンドとして2019年6月に新たに立ち上げた「サファイア第一号ファンド」の第一号案件として投資をすることになり、パートナーとして企業価値向上をご支援させて頂きます。

<JA三井リース株式会社 ICTソリューション部長  鶴田 己起氏からのコメント>

当社の経営理念は「Real Challenge, Real Change」で、持続的な社会の成長を実現するためにお客様と共に挑戦することを掲げています。

デジタルトランスフォーメーションにより物流業界に変革をもたらすGROUNDとのパートナーシップは、この理念に通ずるものであり出資することを決めました。

GROUND社の目指す物流改革を後押ししてまいります。

 

■同資金調達における共同投資家

株式会社INCJ

Sony Innovation Fund(ソニー株式会社)

サファイア第一号投資事業有限責任組合(サファイア第一号ファンド)※2

JA三井リース株式会社

IMM Investment Corp.

IMM Investment Group Japan 株式会社


■GROUNDが本年度提供予定の自律型協働ロボット(Autonomous Mobile Robot:AMR)について

①先端のSLAM※4技術とカメラ・レーザーの連携により、ロボット自身がリアルタイムに位置情報を取得し、物理的なレイアウトへのマッピングが可能。さらに、経路情報を設定することなく自律走行できるため、経路上の障害物を回避した最適な経路を選定する。

②物流施設内の作業オペレーションやレイアウトの大幅な変更をすることなく、スピーディーな導入が可能。

③直観的な操作性により、作業者への教育を最小限に留めることができる。

GROUNDが量産計画を進める自律型協働ロボット(AMR)

2019年度に販売開始予定の自律型協働ロボット(AMR)モデル


※1:『LogiTech®』、『Intelligent Logistics®』は、GROUND株式会社の登録商標または商標。

※2:サファイア・キャピタル株式会社が運営するグロースファンド

※3:出典 国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集2016」

※4:Simultaneous Localization and Mapping:センサーによって周囲環境を把握し、マップをつくりつつ、取得したデータをもとにロボットの自身の位置も推定する技術


■GROUND株式会社について

GROUNDは、“Intelligent Logistics”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業。代表の宮田氏をはじめとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有している。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供している。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)