eiicon

【オープンイノベーター列伝/伊藤羊一】アイコンとなる人物を作れ。まずは商売抜きに、信頼関係の構築を。<前編>

ベンチャー企業と独自のネットワークを持つ伊藤羊一氏(49歳)。大学を卒業して日本興業銀行に入行した後、大手文房具・事務用品メーカーのプラスに転じ、ロジスティクス再編などを行った経歴を持つ。現在はグロービス経営大学院で客員教授を務めるほか、アクセラレーター、インキュベーションプログラムでメンターやアドバイザーを手がけ、ベンチャー企業の育成などを通じ、オープンイノベーションの醸成を支援している。今回、伊藤氏に、オープンイノベーションを起こすためのベンチャー企業との出会い方や、関係性の構築方法などを具体的に伺った。

 

■きっかけは、ベンチャーなら新しい商材をたくさん生み出せると感じたこと。


伊藤氏がベンチャーに興味を持ったのは新しい商材を求めてのこと。業界大手の文房具・事務用品メーカーであるプラス株式会社に勤務していた時のことだ。従来のままの商材を扱っているだけでは、いずれ寿命が来ると行き詰まりを感じていたと話す。「全国のお客様が食いつくようないいネタはないかと探していたところ、ベンチャーが面白いことをやっていると聞いたんです」。伊藤氏は実際に担当者と会い、ある商品を紹介される。自身は、あまりピンと来なかったと言うが、地方のクライアントに見せたところ、大きな反響を得たそうだ。

「東京にいると情報はたくさん入ってくるし、目新しさを感じにくいところがあります。でも、地方はまだまだ新しいモノやサービスとの出会いが少ない面があります。そう考えると、 BtoBでも新しい商材はいくらでもあるはず。ベンチャーの持っている商材を販路に乗せ、全国展開したら面白いんじゃないかと思いました。でも、ベンチャーのことは何も知らないし、どうしていいかもわかりません。だったら、まずは知り合いを作ろうと、やみくもに会いにいきました」。伊藤氏は、ベンチャーが大企業の前でプレゼンを実施する「モーニングピッチ」に足繁く通い、やがてその存在が知れ渡るまでになった。

 

■ベンチャーとつながりを作るにはキャラ立ちしたアイコンが必須。


ベンチャーとつながりオープンイノベーションを生み出すためには、ステップを踏むことが必要だと説く。「最初から組織で動こうとすると、組織立った行動が“足かせ”になってしまいます。最初の段階では、むしろ個人がキャラ立ちすることがとても重要なんです。『この人のところに行けばいいんだね』というベンチャー企業にとってのアイコン、スポークスマンを作ります。ただし、ネットワークを作るのと何らかの成果を生み出すのは別物です。一人ではできません。ヒト・モノ・カネを動かすことが必要で、ヒトに関することはアイコンとなる人物が行います。ベンチャーとのネットワーク作りはもちろん、社内に対しても営業を行い、志を同じくする仲間を集います。その上で、個人でできないことを組織で成し遂げていくんです」。成果を出す具体的な形として、アクセラレータープログラムやCVCがある。「今はアクセラレーターやインキュベーションプログラムが増えています。非常に良い流れだと感じています。私自身、プラス勤務時代にもっとやっておけば良かったと思っています」。組織立った動きを十分にできなかったことを、一つの反省点として持っているとのことだった。

今はまだプログラムやCVCから目立った成果は出ていない。そのため、世間的にはオープンイノベーションの重要性を「気づいている人は気づいている」段階だ。しかし、伊藤氏は現状の課題よりも、今後への期待を大きく持っている。「社会を揺るがすインパクトのあるものが出てくれば世間も注目すると思っています。その意味で、プログラムやCVCなどを通じ、オープンイノベーションで何らかの成果を出すことは強く求められています」

 




 

オープンイノベーションを起こすために独自の技術やサービスを持ったベンチャーとリレーションを築くためのノウハウは、伊藤氏の場合、以下の2つに集約される。

■まず始めは「組織」で動くよりも「個」で動き、ベンチャーにとってのアイコン・スポークスマンとなる。

■モーニングピッチやアクセラレーター、インキュベーションプログラムを通して、なるべく多くのベンチャーと出会う。

なお、10月11日(火)公開予定の伊藤氏のインタビュー後編では、リレーションを築いた後の信頼関係の構築方法や、ベンチャーと接するためのスタンスやマインドを語ってもらった。

(構成:眞田幸剛、取材・文:中谷藤士、撮影:鈴木久美香)