eiicon

【オープンイノベーター列伝/粟生万琴】 好奇心が止まらない私と、大企業の異質な人が出会って蓄積した「オープンイノベーション」の成功ノウハウ。(後編)

関西初のAIベンチャー、エクサインテリジェンスの取締役COOとパソナテック取締役を兼務する粟生万琴氏。インタビュー前編ではデンソーと二人三脚で挑んだオープンイノベーションを振り返りながら、その成功ノウハウを語ってもらった。

後編では一児の母でもある粟生氏のプライベートに迫りながら、彼女のエネルギーやパッションの源を探った。また粟生氏から見たオープンイノベーションの現状の課題とその解決策を語ってもらった。

■止まらない好奇心に素直になる。そしてそれを発信することで実現していく。


エクサインテリジェンスの取締役COOとパソナテックの取締役のパラレルワークをこなす粟生氏。全国を飛び回る日々を過ごしながらも、一児の母として家事や育児にも奮闘している。湧き出るパッションの源はどこにあるのかを尋ねると「純粋意欲」という言葉が返ってきた。“何かをやりたい”という純粋な意欲が常にあるそうで「好奇心が止まらないんです!」と語る。なるほどインタビュー中も終始笑顔で、「忙しさ」も含め日々を楽しんでいる様子が全身から伝わってくる。

「大人になって、特に女性は結婚や出産をすると『こうであるべき』という制約が出てきます。でも私の場合それが全く気にならないんです。小さい子供って嫌いなものは嫌いってポイしますよね。正直にやりたいことをやる。私もそれと同じような気持ちで、今まで成長してきたような感じですね(笑)」。自分が好きなことをして生きたいという純粋な思いの強さが、粟生氏を動かすエネルギーのようだ。

ただしこれは、一人で成し得ることではない。「家事や子育ては、ナニーさん(保育だけでなく、子供の教育指導者)や夫の母が協力してくれます。一つのチームになってみんなで頑張っています」。粟生氏は会社や家族などそれぞれのコミュニティで、チームとして物事を成し遂げている。周囲を巻き込んでチーム化することは容易ではない。その秘訣はどこにあるのか。

「強いリーダーシップがあるタイプではないと思う」と自身を分析された上で、やりたいことを発信し続けることが結果に結びついていると話す。「何かをやりたいと思ったらそれをすぐに人に話します。そうすると、自然と話が進んで叶うんです」。自分の好奇心に対して素直に向き合うこととそれを周囲に発信することで、自然と周りに人が集まりチームになる。そんな一種のカリスマ性を粟生氏から感じ取れた。

そして最後に、今後実現したいこととオープンイノベーションの現状の課題と解決策を聞いた。

 

■大企業がベンチャー企業に席を移してみれば、関係性はよりフラットになる。




今後実現したいことは二つあると話す。一つは自身がCOOを務めるエクサインテリジェンスの発展。日本の代表的な産業である製造業との新規事業の取り組みを通じ、スモールベンチャーでなく一人前のベンチャー企業にしたいと展望を語った。

さらにもう一つは、医療分野への展開。CVIS が運営する日本で最も心臓の MRI 検査を行う医療法人社団 CVIC(東京都新宿区、理事長 寺島正浩)などの協力も受け、心臓 MRI の診断支援を皮切りに、医療現場が抱える問題を解決する取り組みを開始。「医療業界でいち早くAI技術を使っていただくことで、医師の作業効率化を支援し、医師の労働環境の改善に取り組みたい。それが結果的に、医療の発展・進化や人々の健康につながると思っています」

そして最後に、粟生氏の視点で見るオープンイノベーションの現状の課題を聞いてみると、「大企業とベンチャー企業とのフェアな関係を保ちづらいのが課題だ」という答えが返ってきた。その解決策として粟生氏は、「大企業の方がベンチャー企業に1年間出向してみては」と提案する。

「ベンチャーが大企業にジョインするという今のスタンスを逆にして、大企業がベンチャー企業にデスクを置いてみてはいかがでしょうか。そうすることで『共に学ぶ』スタンスが自然とでき上がってフラットな関係性が生まれやすいと思います」

 




 

オープンイノベーションは会社間の垣根を超えて個人と個人、経験と経験が融合してこそ価値が生まれる。共に切磋琢磨できるフェアな関係づくりのためにも、大企業がベンチャー企業に席を移すという取り組みが、一つの具体的な解決策になり得るだろう。

そして、インタビュー前編でも粟生氏が触れていたが、大企業がベンチャー企業に「共に学ぶ」という場作り・環境作りが、オープンイノベーションを推進させるノウハウになるはずだ。共創関係が硬直しているプロジェクトなどにおいては、一度そうした場を設けてみてはどうだろうか。

(構成:眞田幸剛、取材・文:石崎もえみ、撮影:とみたえみ)