WeWork Japan合同会社は、2019年11月に兵庫県神戸市で初となるWeWorkの拠点、WeWork三宮プラザEastが開設されることを機に、8月30日に神戸市と共にビジネス支援プログラムを創設したことを発表した。コミュニティ型ワークスペースを運営するWeWorkの神戸拠点を中心に、様々な事業形態や規模のビジネスの神戸進出を促進し、神戸市内での成長を支援することにより、神戸市におけるイノベーションエコシステムの構築に貢献することを目指すという。

神戸市内のWeWork拠点にて、拡大を含む新規オフィスの開設、もしくは東京や海外など市外から移転する企業のうち、一定の要件を満たす企業に、神戸市と連携して資金面の支援を提供する。

3つの支援内容のいずれかの対象となる企業は、事業形態や契約期間によって適用するサポートを受けることになる。WeWorkから提供される割引と神戸市の補助金を合わせ、通常のWeWorkメンバーシップより、実質、最大55%まで優待された料金にて入居することが可能になる。

また同日神戸市より、WeWork丸の内北口拠点内に、神戸市丸の内北口オフィスを開設したことが発表された。

神戸市長の久元 喜造氏は次のように述べている。

「神戸でかつてない大規模なコミュニティ型ワークスペースとなる、WeWork神戸拠点の開設を心より歓迎申し上げます。共同でのビジネス支援プログラムの創設についても、今後の展開を期待しております。」

WeWork Japan 最高経営責任者(CEO)のクリス・ヒル氏は神戸市とのビジネス支援プログラム創設について次のように述べている。

「この度、WeWork Japanとしては6都市目となる神戸市に、WeWork三宮プラザEastを11月に開設できることに加え、このように神戸市と共にビジネス支援プログラムを創設できたことを大変嬉しく思います。神戸市に新たに進出するスタートアップや企業がWeWorkのグローバルコミュニティの一員になり、市や国を超えたメンバー間の交流により、新たなアイディアやコラボレーション、イノベーションが創出され、神戸の経済発展に貢献できればと考えています。」

WeWorkは、現在国内5都市に計20拠点を設け、様々な規模や業種から集まる15,000名(2019年6月時点)を超えるメンバーが活用している。


支援内容の詳細

<スタートアップ向け支援内容>

対象:WeWork三宮プラザEastを拠点に、神戸市内での新規オフィスや支社の開設、またはオフィス拡大するスタートアップ企業

※1 神戸市の提供プログラムは、以下のリンク先「神戸市スタートアップ立地促進事業」の一部として提供され、審査の対象となる。(詳細はこちら) 

※2 WeWorkの提供プログラムは、申請時にどちらかを選択。

※3   別途、事務機器購入費及び人件費(高度人材)について、神戸市と兵庫県に補助申請が可能。

※4   神戸市の補助対象となる経費は、WeWorkの支援内容が引かれた経費より換算される。


<企業向け支援内容>

対象:WeWork三宮プラザEastを拠点に、本社機能、または関西最大規模の地方拠点機能、事業拠点機能を置く企業

※1 神戸市の提供プログラムは、以下のリンク先「神戸市企業拠点移転補助」の一部として提供され、審査の対象となる。(詳細はこちら

※2 WeWorkの提供プログラムは、申請時にどちらかを選択。

※3 別途、雇用者数に応じた雇用加算について、神戸市に補助申請が可能。


<外国・外資系企業支援内容>

対象:WeWork三宮プラザEastを拠点に、神戸市内に事業所を開設する外国・外資系企業

※1 神戸市の提供プログラムは、以下のリンク先「オフィス賃料補助制度(神戸市・兵庫県)」の一部として提供され、審査の対象となる。(詳細はこちら

※2 WeWorkの提供プログラムは、申請時にどちらかを選択。


●企業からのビジネス支援プログラムについての問い合わせページはこちら


WeWork Japan 合同会社の概要

WeWorkは、2010年創業、ニューヨークに本社を置き、全世界の地域でコミュニティ型ワークスペースを提供・運営する企業。2018年2月に日本で初めての拠点を開設。ベンチャー企業から大企業まで、多種多様な業種の人々がメンバーとして参加しており、世界中のコミュニティを通じて、お互いに刺激し合えるコラボレーション環境を提供している。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)