ディープラーニング・ソリューションを提供するLeapMind株式会社は、2019年10月15日、シリーズCラウンドとして総額約35億円の資金調達を実施したことを発表した。出資に参加したのは、「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社」「SBIインベストメント株式会社」「トヨタ自動車株式会社」「三井物産株式会社」(五十音順)の4社だ。同社は、これまでに約14.9億円の資金調達を実施しており、今回の調達額を加えると、累計調達額は約49.9億円となる。また、あいおいニッセイ同和、トヨタ、三井物産の3社とは、業務提携を行い、さらなる事業拡大を目指すという。


資金調達の背景

LeapMindでは、ディープラーニングを電力や通信状況に制約のある環境で実用化するために、ソフトウェアとハードウェアの両面から研究を行ってきた。研究により開発した「極小量子化ディープラーニング技術」は、消費電力など様々な制約があるエッジ端末上でも、ディープラーニングを動作させられる点が大きな特徴だ。

今回、調達した資金をもとに同社は、オープンソースソフトウェアスタック「Blueoil」のさらなる開発と活用の拡大を目指す。極小量子化ディープラーニング専用の回路を設計し、並外れた低消費電力とかつてない性能を実現するための独自IP(Intellectual Property)の開発のほか、採用やマーケティング費用に活用する予定だという。


トヨタ、三井物産の3社と業務提携を行う背景

日本の大手損害保険であり、コネクティッドカーやドライブレコーダーを活用した先進的な保険商品などの開発を推進するあいおいニッセイ同和とは、LeapMindの保有する技術を活用した新たな保険商品の開発などを目指す。またトヨタとは、LeapMindの技術を自動車産業に活かし、共同で開発を進める。三井物産とは、LeapMindの持つ総合力と国内外のネットワークを通じて、LeapMindが保有する技術の社会実装を加速することを目指すという。


LeapMind 代表取締役CEO 松田総一氏のコメント

「ディープラーニング技術は研究開発の段階から、実用化へのフェーズへと変わってきました。しかし、現在の技術では実用化までの間に高速化、電力効率、コスト面などにおいて多くの問題を解決する必要があります。LeapMindでは、これらの問題を解決するために極小量子化ディープラーニングという手法について研究開発してまいりました。

既に、FPGA向けに量子化ニューラルネットワーク用アクセラレーターを実現しておりますが、今後はASIC(特定用途向け集積回路)用IPの開発や、これらのアクセラレーターを活用するためのソフトウェア「Blueoil」のさらなる開発、商用版の準備も進めてまいります。

LeapMindの技術は、並外れた低消費電力とかつてない性能を実現し、これまでディープラーニングの導入が難しかった制約の多い環境でのディープラーニングの実用化を可能とします。「機械学習を使った今までにないデバイスをあまねく世に広める」というLeapMindのミッションを実現するため、パートナー様と共に革新的なサービスや製品を世の中に出していきたいと考えております。

今回のシリーズCでは、世界でも有数のサービスや製品の提供をされている企業様に参画いただけたことを光栄に感じております。また、今回の資金は回路設計、コンパイラ、ディープラーニング研究をはじめ、ビジネス開発やFAEなどの人材強化にも使用していきたいと考えております」


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)