クラウド録画カメラシェアNo.1(※1)の「Safie(セーフィー)」を開発・運営するセーフィー株式会社は、三井不動産株式会社とグローバル・ブレイン株式会社が共同で運営するコーポレートベンチャーキャピタル、31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースⅠ合同会社より第三者割当増資を実施した。

この度の第三者割当増資では、業界最大手の総合ディベロッパーである三井不動産が持つアセットを活用して、設計から施工、街づくりまで、様々なシーンでの映像ソリューションを創出し、不動産テックの強化やIoTの活用推進を目指すという。

※1テクノ・システム・リサーチ社調べ「2018年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より


具体的な協業内容

①スマートモール

・モールの価値向上

来店人数カウント、年齢・性別属性分析、導線解析

自動決済・無人店舗


②スマートシティ

・AI警備

不審者特定、事件・事故の迅速把握

・不動産価値の測定活用

交通量、通行人往来の適正把握


③建設現場管理

・現場と物件の管理

建設現場へSafie GO(LTE内蔵型カメラ)、Safie Pocket(ウェアラブルカメラ)の大規模導入

物件管理


三井不動産株式会社ベンチャー共創事業部長 菅原晶氏のコメント

セーフィーは安価で多機能、かつクラウドならではの拡張性が見込めるサービスであり、様々なシーンにおいて標準的にインストールすることで、業務効率の改善やマーケティング活用など、モールや街など公共の場から個人宅利用まで、映像があらゆる場面でお役立て頂けるサービスの開発に努めてまいります。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)