株式会社Shippioは、日本最大の船舶投資ファンドであるアンカー・シップ ・パートナーズをはじめ、Delight Ventures、環境エネルギー投資、Sony Innovation Fund及び既存投資家であるグロービス・キャピタル・パートナーズ、500 Startups Japan(現Coral Capital)、YJキャピタル、East Ventures、DBJキャピタルより、総額10.6億円の資金調達を完了したことを発表した。

Shippioはこれまで「グローバルトレーディングをもっと身近に」をミッションに、ソフトウェアとフォワーディングサービスを組み合わせた日本で初めてのデジタルフォワーディング(※)事業を展開してきた。2019年10月末時点で108社のユーザーが利用し、米国・欧州・中国・ベトナム等、合計30カ国に対して実際の輸出入のオペレーションを完了している。

※デジタルフォワーダーとは、テクノロジーを駆使し、ユーザーにとってより利便性の高い国際物流サービスを追求、開発、提供する次世代のフォワーディングカンパニー

今回の資金調達により、日本におけるデジタルフォワーディング業務の確立を目指し、煩雑な輸出入業務に悩んでいる荷主企業に向けて営業およびサポート体制の強化と各港・空港におけるロジスティクスサプライヤーとのオペレーション体制の強化、およびソフトウェア開発体制の強化を行っていくという。

輸出入を行う荷主は、Shippioを活用することで、輸出入情報の一元化、および貨物情報の可視化することできるため業務の生産性が大幅に向上するという。マンパワーに依存した貿易業務の負担を大幅に削減することが可能。また、業務フローがシンプルになり、業務の属人化を防ぐ事が出来る。Shippioにフォワーディングを任せればソフトウェアは無料で使用できるという。

今回のラウンドにあわせ、グロービス ・キャピタル・パートナーズ南良平氏が社外取締役に就任予定。同氏の持つIPOアドバイザリーを含めた未上場企業への支援経験も活かし、今後の同社の経営体制強化を図って行くという。

■グロービス ・キャピタル・パートナーズ 南 良平氏

「サプライチェーンが長く、また関係者の多い国際物流において、デジタル化は大きな課題であり潜在的な市場機会は巨大と認識しています。世界的にもデジタルフォワーダーが台頭しつつある中、Shippioは日本における先駆者として業界を牽引していけるスタートアップであり、業界に精通したこのチームならそれを実現できると信じています。」


今回の引受先 ※敬称略、五十音順

■アンカー・シップ・パートナーズ

■環境エネルギー投資

■グロービス ・キャピタル・パートナーズ

■DBJキャピタル

■Delight Ventures

■East Ventures

■Sony Innovation Fund

■YJ キャピタル

■500 Startups Japan (現Coral Capital)


投資家からのコメント

■アンカー・シップ・パートナーズ 代表取締役社長 篠田 哲郎氏

弊社はこれまで、わが国海運業界におけるソリューションプロバイダーを目指し、様々なタイプの大型船の保有や、「飛鳥」への事業投資、業界関係者へのソリューション提供を行ってまいりました。Shippio社の目指すビジネスモデルは単なるデジタルを活用したツールに留まらず、これまで島国である我が国において事業者に数々の手間を強いてきたグローバルな商流をスリム化、見える化できるものと考えています。このことは大手フォワーダーの目が行き届かない、経済の活力の源泉である小規模事業者様にとって特に飛躍的な業務効率化をもたらし得ます。 Shippio社は、小規模事業者様を束ねるという従来のフォワーダーとは全く異なる顧客層を有する形で、海運事業者にとって新たな「荷主」の役割を担う可能性を秘めています。Shippio社のビジョンに共鳴し、ネットワークやリソースを提供しながら事業の拡大に協力させていただきます。

■Sony Innovation Fund(ソニー株式会社) Chief Investment Manager 土川 元氏

Shippioは国際物流の効率化、デジタル化という各国での課題の解決に向けて、優れた経営チームが中心となり、最適なソリューションが提供できるスタートアップであると認識しています。同社のさらなる成長と、荷主様、運送事業者様に対して画期的な体験がもたらされることを期待しております。

■Delight Ventures プリンシパル 永原 健太郎氏

創業者である佐藤さん、土屋さんとは前職時代に投資させて頂いてからの付き合いであり、今回Delight Venturesとして改めて参画できたことを大変嬉しく思っております。Shippio社のサービスはIT化が遅れている国際貿易の領域において、今後必要不可欠になるサービスであると考えており、目指す世界の実現に向けて微力ながら支援していければと思っております。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)