日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo(ボンドリンゴ)」を運営するボンド株式会社は今後増加する外国人受け入れに対しプレシリーズAラウンドにて株式会社明光ネットワークジャパン、独立系ベンチャーキャピタルのPE&HR株式会社が運営するSocialEntrepreneur3投資事業有限責任組合を引受先とする資金調達を実施した事を発表した。投資された資金は、事業拡大に活用する予定という。


BondLingoとは

「BondLingo」は日本語学に特化した動画学習プラットフォーム。

日本語学習に留まらず、日本で働くためのビジネスマナーや専門用語などの講座もあり、今後増加傾向にある外国人に対しての日本語を軸としたプラットフォームとなっている。

また、企業向けにはLMS(Learning Management System)機能を搭載し、学習者の学習状況、進捗及び、模擬テストの結果を確認していくことが可能となっている。

https://bondlingo.tv/

SNSメディアでは90万人以上のフォローワーがついており、これまでの総動画視聴回数数は約5000万再生以上にのぼりアジアを中心に広く認知されている。

今後もサービス、メディアを拡大し、日本と海外の架け橋になれるよう事業を拡大していくという。

日本語に対して非常に関心の高い外国人がメインユーザーでその中でもアジア人が多くを占めており、毎日たくさんの日本への留学及び就労相談などの問い合わせが多数あり、企業向けへのビジネスプランや外国人採用のプランもあるという。


今後の展望

ボンド株式会社は、世界と日本を繋ぐをミッションに事業を進めており様々なコンテンツを発信してきた。特にアジアにおいては、とても高いプレゼンスを誇っており、毎日日本への留学希望者や、日本でのVISAの取得方法、日本語学校等の問い合わせ等の質問が毎日きているという。

少子化、高齢化、人材不足が日本の課題となっている中、日本語教育推進法や新たな在留資格「特定技能」の法案可決を受けてますます日本語のニーズも高まってきており、教育の側面から貢献していくことを目指して行く。

今後は、オンライン上だけのコミュニケーションだけではなく、OMO事業(Online Merges with Offline)の一環として、オフライン(オンサイト)での日本語教育、アジア等での現地の拠点開設を含めて、利用者と接していき、生の意見をもらい、留学生等のサポートを拡充して行くという。


<株式会社明光ネットワークジャパンについて>

「教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す」、「フランチャイズノウハウの開発普及を通じて自己実現を支援する」という2つの経営理念を掲げ、「自立学習」、「個別指導」方式による個別指導塾「明光義塾」の直営及びフランチャイズでの全国展開をしている。 日本語学校事業は、JCLI日本語学校、早稲田EDUの2校を運営。両校の生徒数合計は2,100名以上。(2019年10月時点)

明光ネットワークジャパンはオンラインコンテンツとして、日本語検定対策・生活日本語・ビジネス日本語等のプラットフォームのJapany(ジャパニー)を先日リリースしている。

http://www.meikonet.co.jp


<PE&HR株式会社について>

PE&HRは「無名の若者の創業期に投資し、成長を支援する」を理念に6つのファンドを設立し、シード、アーリーステージを中心に70数社に投資。代表の山本氏は12社の上場を経験し、他に2~74倍での売却が9度ある。現在も複数社が上場準備中。

http://www.pehr.jp


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)