パーソナライズシャンプー「MEDULLA」を開発・販売する株式会社Sparty(スパーティー)は、2019年12月に株式会社丸井グループ、XTech Ventures株式会社、株式会社アカツキ、株式会社ジンズホールディングスを引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施した。

これにともなう展開の一つとして、現在期間限定で有楽町マルイ1階にオープン中の「MEDULLA」の次世代体験型店舗を2020年3月1日より常設店舗として再オープン。さらに独自性のある店舗体験の追求と出店の拡大を進めていく。


資金調達について

現在まで、赤坂 優氏(エンジェル投資家)や、株式会社アイスタイル、株式会社サティス製薬、XTech Ventures株式会社、株式会社アカツキ、株式会社ジンズホールディングスから既に資金を調達。今回は、以前調達を受けた企業3社から追加増資に加え、株式会社丸井グループから新たに調達を受け、6億円の第三者割当増資を実施した。

これまでMEDULLAは、デジタル体験を主軸としたD2Cブランドとして展開してきたが、この度の資金調達により、オフライン戦略を強化。「デジタル・ネイティブ・ストア」戦略を掲げる丸井グループとの協業によって、オンラインとオフラインを融合したSpartyにしかできない体験型店舗を展開していくという。


今後の展開について

オフラインの体験の場を増やすべく、店舗数の拡大・店舗での体験サービスの拡充を図ると同時に、提携サロンの拡大も計画。現在全国に150にのぼる提携サロン数を、2020年は1000店まで拡大することを目指す。長期的には、製造フローの変革など、バリューチェーン全体のイノベーションを推進、アフターデジタル時代における新しい顧客体験を根底から設計し、「新しいメーカーの姿」を創造していくという。


<Spartyについて>

株式会社Spartyは、「色気のある時代を創ろう」をミッションに掲げるビューティテックカンパニー。"誰でも・簡単に"自分に合った商品を生産・販売・利用できるインフラの構築を目指している。第一弾として、日本初のパーソナライズシャンプー『MEDULLA』を2018年5月より提供開始。2019年11月にはヘアオイルの提供を開始し、今後はヘアケアのみならず、大量生産時代から誰もがブランドを創れる時代へ、化粧品/消費財メーカーのあり方を大きく変革していき、D2Cホールディングスカンパニーを創っていくという。


<MEDULLAについて>

日本にあるシャンプーの数は1万種類以上と言われている。店頭にもWebにも商品が溢れる中、自分にあった商品を見つけるのは難しく、毎日のようにSNSで悩みが呟かれている。『MEDULLA』は、そんな女性の悩みを解決するために誕生した。

わずか40秒ほど、9つの質問に回答するだけでカルテを発行。約3万通りから1本1本、利用者にカスタマイズしたレシピでシャンプーとリペアを製造し届けるという。


<店舗情報>

有楽町マルイ1F

住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-7-1

営業時間:11:00~21:00(日・祝は10:30~20:30)

※基本的には有楽町マルイの営業時間に準ずる

その他最新情報:https://medulla.co.jp/yurakucho_0101/


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)