JICA(ジャイカ)は、2019年11月より、途上国でのSDGsの達成に向けて、JICA職員と多様な民間企業などからの参加者の共創によりアイデアを磨く、オープンイノベーション企画「JICA Innovation Quest(通称ジャイクエ)」を進めてきた。去る2020年2月22日、約3か月間のプログラムを通じて生まれたアイデアを最終発表する公開イベント「ファイナル・プレゼンテーション」を、SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)にて開催。受賞企業とアイデアの内容を発表した。

※一般参加者用の座席約140席は募集開始後3日間で満席となったが、新型コロナウィルスの感染が拡大する状況を踏まえ、急遽一般参加を取り止め、アイデアピッチの模様をYouTubeでライブ配信した。イベントの様子は、YouTubeにてアーカイブ公開中(コチラ


タジキスタンチームが、「最優秀賞」「オーディエンス賞」をW受賞

外部有識者を交えた審査の結果、タジキスタンチームが「最優秀賞」、YouTube視聴者からの投票による「オーディエンス賞」をダブル受賞した。

タジキスタンチームの提案したアイデアはこうだ。同チームは、油の多い肉料理中心の食生活や大皿の料理で客をもてなす文化のあるタジキスタンの人々の中で、肥満や高血圧、生活習慣病が問題になっていることに着目。しかし調査を進める中で、現地の人々が、「実はパーティ費用を節約したい」「油の摂取量を減らしたい」と思っていることも発見した。「おもてなし」の文化を守りながら、食事量、油の摂取量を減らすためにはどうしたらよいだろうか…という問いを立てた。

そして生まれたアイデアが、中央部を盛り上げてかさ増しし、油を溝に集める機能を付した「皿」だ。プロトタイプをいくつも作成し、同じ見た目で量を3分の1に減らすことができ、年間の油の摂取量を2.4リットルも減らせる試算を発表。ヒアリングの結果、国内外のタジキスタンの方々からも多くの支持を得た。また、現地の伝統工芸品とコラボレーションすることで、見た目の「映え」も意識した皿の作成・普及を提案した。

審査員からは、現地の文化を踏まえ、何度も試行錯誤を繰り返したからこそ生まれた圧倒的なリアリティが高く評価された。タジキスタンチームは、アイデアの実現可能性を検証するため、現地視察を実施する予定だという。

 

ブータンチームが、「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)賞」を受賞

SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)賞は、ブータンチームが受賞した。ブータンチームは、「幸せの国」で実は最も幸福度の低い農家の人々の収入向上のため、斜面の多いブータンで農業を効率化するためのアプリ「斜メリコメンド」を開発することを提案。このアプリは、斜面を見て最適な作物を提案できる農業専門家の暗黙知を、衛星データなどを用いて形式知化することで、斜面を撮影する(写メる)と画像解析により、その土地で作るのに最適かつ栄養豊富で売れる作物を提案(リコメンド)するものだ。

さらにバイヤーや他の農家とのマッチング支援機能も備えることで、流通や情報交換も支援し、ラストマイルの農家まで情報を伝えることができるアプリにすることを目指している。このアイデアは、実際のアプリ開発のための技術的な検討を進めるため、SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)にて活動を続け、他の会員、プロジェクトとも共創してアイデアの実現を目指すという。


今後の展開

タジキスタンチーム、ブータンチーム以外のアイデアも含め、今後の活用・実現方法は、JICA内外で検討を進めていく。また、YouTube視聴者からもアイデア実現のための協力の提案があり、今後の連携方法を検討中だ。さらに、ジャイクエは来年度以降も継続して開催する予定で、今後も多様な参加者と国際協力を共創し、開発途上国の課題解決に貢献することを目指していくという。


※関連ニュース:JICA(ジャイカ) | 民間人材との共創で途上国の”食"に革新を起こすオープンイノベーション企画、成果発表会を開催

※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)