米国サンディエゴにおいて、設立以来3,000社以上のスタートアップを支援した実績を持つ起業家支援組織「CONNECT(コネクト)」と横浜市が、「The Springboard™ Program in Yokohama」と題したアクセラレーションプログラムを開催する。


<プログラムの概要>

参加企業は、自身の持つ製品やサービスについて訴求力の高いピッチを行えるように、実践的なメンタリングを通じてピッチスキルを磨けるほか、プログラムの修了に際しては、CONNECT(※)からプログラム修了の認定証を授与される。さらに、サンディエゴでオリジナルのプログラムを修了した企業とともに、アジア最大級のパートナリングイベント「BioJapan2019」において、デモデイ(ピッチイベント)に登壇し、世界に向けたアピールが可能だという。


<プログラムへの参加特典>

Web会議システムの活用やメールによるメンタリング

 (1) ワールドクラスの徹底したメンタリングプログラム「Springboard」を横浜で開催

   ⇒ サンディエゴで実績のあるメンターによるピッチプラクティスを体感

 (2) 木原財団によるファシリテーション・伴走支援

   ⇒ LIP.横浜の新拠点「LIP. YOKOHAMA BIBLIO(ビブリオ)」にて、随時相談可

 (3) 修了時に、「BioJapan2019」においてデモデイを実施し、世界へ発信

   ⇒修了実績が信用力となり、サンディエゴ現地とのネットワークが拡大


※「CONNECT」とは?

米国サンディエゴのスタートアップコミュニティにおいて、テクノロジーおよびライフサイエンス分野の優れた企業の創出や規模の拡大を支援するアクセラレーター。1985年以来3,000社以上もの企業の設立と発展を支援。革新的な製品やサービスの商品化に必要なリソースを、それを必要としている起業家や経営幹部に結び付ける、世界で最も成功している組織の1つ。


<プログラムのスケジュール>

▼4/15(月)  公募開始   ※随時、応募相談可 <会場:WeWorkオーシャンゲートみなとみらい>

▼5/13(月)  公募締切

▼5/24(金)  一次審査(書類審査)結果通知予定

▼6/11(火)~14(金) 二次審査(Web面接)<会場:WeWorkオーシャンゲートみなとみらい>

▼6月下旬 支援対象者 決定通知

▼6月下旬 キックオフ(Meet-up event)

▼7月~9月 メンタリング(Pitch practice)

▼10/10(木) デモデイ(Demo Day) <会場:パシフィコ横浜 アネックスホール>


<対象事業>

・ライフサイエンス分野(バイオテック、創薬、医療機器、ヘルスケアなど)

・デバイス等はプロトタイプがあること、創薬は前臨床の段階にあること


<参加資格>

・横浜市内に事業所をもつ企業、または、LIP.横浜会員

 ※資本金や創業年数は不問。企業内の新規事業も対象。

・将来的に横浜市内での起業を考えている年齢が満20歳以上の個人


<参加条件>

・プログラム全日程への参加が必須

・効果検証のためのアンケートやヒアリングへの協力


◆プログラム詳細および応募はコチラ 


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)