NECは、ヘルスケア事業強化の一環として、最先端AI技術群「NEC the WISE」(注1)を活用したがんなどの先進的免疫治療法に特化した創薬事業に本格参入する。第一弾として欧米において、パートナーであるTransgene SA (注2、以下 Transgene:トランスジーン)と共に頭頸部がんと卵巣がん向けの個別化ネオアンチゲン(注3)ワクチンの臨床試験(治験)を日本企業で初めて開始。

すでに2019年4月に米国FDA(注4)から本治験実施の許可を取得し、その他、イギリスとフランスで申請中。なお、今回の治験薬は、NECとTransgeneが共同で開発するという。

現在、世界の新規がん患者数は2018年で約1,800万人(注5)、国内でも死因の1位はがんによるもの(注6)とされ、効果的ながん治療の向上が依然として求められている。とりわけ、自身の免疫系を利用してがんを治療するがん免疫療法は、次世代の治療法として注目されている。

NECは、がんの創薬研究に高知大学や山口大学と長年にわたり取り組んできた。近年、ゲノム解析技術の発展により、AIによる膨大なデータ処理が求められている。

NECは最先端のAIを創薬分野に活用し、より安全で効果の高い先進的免疫治療法の開発を行うことにより、本創薬事業の事業価値を2025年に3,000億円まで高めることを目指す。

ワクチン開発の鍵となる、患者毎に特異的なネオアンチゲンの選定には、NECが開発した「グラフベース関係性学習」(注7)を活用したネオアンチゲン予測システムを使用する。このAIエンジンは、NECが独自に蓄積してきたMHC結合活性の実験データによる学習に加え、ネオアンチゲンの多面的な項目を総合評価し、患者それぞれが持つ多数の候補の中で、有望なネオアンチゲンを選定することができる。

この独自性の高い予測システムによってNECはがん治療の向上を目指す国際コンソーシアムTESLA(Tumor neoantigEn SeLection Alliance、注8)への参画を認められており、がん治療向上に向けた世界的な取り組みにも積極的に貢献していく。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、個別最適化されたメディカルサービスの提供を行うことで個々人が躍動する豊かで公平な社会の実現に貢献するという。


最先端AI技術を活用した個別化がん免疫療法


なお、今回の発表にあたり、Transgeneのエグゼクティブバイスプレジデント・最高科学責任者であるÉric Quéméneur(エリック ケメナー)博士から以下のエンドースメントをもらっている。


Transgene エグゼクティブバイスプレジデント・最高科学責任者

エリック ケメナー博士

個別化免疫療法の登場により、新たなビジネスパラダイム、そして新たなタイプのアライアンスが求められています。TransgeneとNECは、個別化ネオアンチゲンワクチンTG4050の共同開発に大きな相乗効果をもたらす強力な技術基盤を確立したと確信しています。今後両社で専門知識を補完し、相乗的な事業開発ができることを楽しみにしています。


(注1)「NEC the WISE」(エヌイーシー ザ ワイズ)は、NECの最先端AI技術群の名称。"The WISE"には「賢者たち」という意味があり、複雑化・高度化する社会課題に対し、人とAIが協調しながら高度な叡智で解決していくという想いを込めている。

・プレスリリース NEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定 https://jpn.nec.com/press/201607/20160719_01.html

・NECのAI https://jpn.nec.com/ai/

(注2)本社:フランス ストラスブール、Chairman and CEO:Philippe Archinard, PhD

プレスリリース「NECとTransgene、個別化がん免疫療法の共同開発に合意~NECのAIとTransgeneのmyvac™ プラットフォームを活用~」(2018年10月30日) https://jpn.nec.com/press/201810/20181030_02.html

(注3)ネオアンチゲン:がん細胞の遺伝子変異に伴って新たに生まれたがん抗原のこと。正常な細胞には発現せずがん細胞のみにみられ、またその多くは患者ごとに異なる。

(注4)FDA:U.S. Food and Drug Administration(米国食品医薬品局)

(注5)Global cancer statistics 2018: GLOBOCAN estimates of incidence and mortality worldwide for 36 cancers in 185 countries

URL:https://doi.org/10.3322/caac.21492

(注6)厚生労働省「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)」

(注7)グラフベース関係性学習:NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つ。点とそれらを結ぶ線とから成る構造で物事の関係を表すグラフ構造のデータを用いて、物事の属性や関係をモデル化する機械学習技術。

(注8)Tumor Neoantigen Selection Alliance

URL:https://www.parkerici.org/research_project/tumor-neoantigen-selection-alliance/


※関連リンク:プレスリリース 

(eiicon編集部)