丸紅株式会社は、国内外のスタートアップに対して投資を行うコーポレートベンチャーキャピタル(以下、「CVC」)「丸紅ベンチャーズ株式会社」を設立した。

近年、個人あるいは少人数で創業するスタートアップが革新的な技術やサービスを多く創出しており、今後より広範な業界で影響をもたらすことが予想されている。丸紅は、中期経営戦略(※)で掲げた 2030 年に向けた爆発的成長の実現を目指し、既存事業領域の枠組みを超えるイノベーション促進と、次世代の収益基盤となる新たな事業創出に向けた取り組みを加速させる為、今回設立したCVCを通じて革新的なビジネスを生み出すスタートアップへの投資を行う。

国内外のスタートアップとの連携・共創をこれまで以上に能動的かつ、スピード感をもって推進し、スタートアップが生み出す最先端技術やビジネスモデルと、丸紅の知見や顧客基盤を融合することで、イノベーションの創出を活性化し、社会が直面する課題の解決に貢献する。

丸紅は、CVC設立に加え、今後もスタートアップとの連携による新しい事業の創出をグローバルに進めていくという。

(※)2019 年 5 月 9 日付プレスリリース「中期経営戦略(2019-2021 年度)GC2021」


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)