安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社 (以下、オイシックス)は、ヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)と協業の検討に関する基本合意書を、本年6月26日に締結したと発表した。両社のアセットやスキルを活用し、食品流通のサプライチェーン全体における社会課題の解決につなげる。

また同時に、ヤマトホールディングス株式会社(以下、ヤマトHD)および株式会社農林漁業成長産業化支援機構(以下、A-FIVE)を引受先とする第三者割当による新株式の発行について決議。本第三者割当により、約8億円を調達することを明らかにした。調達した資金は、競争力強化のため、食品流通全体サプライチェーンのネットワーク構築への設備投資に使用する予定だという。


■ヤマトHDとの協業で「食品流通に関する課題を解決」

オイシックスは2017 年から2018年にかけて、「オイシックス」と「大地を守る会」、「らでぃっしゅぼーや」とが経営統合をし、国内の食品宅配市場において、独自性・競争優位性の確立に取り組んできた。この経営統合により、2019年3月期の業績予測は売上高640億円、営業利益23億円と前期の売上高400億円、営業利益9億円から大幅な成長を遂げている。

一方、ヤマトHDは、日本全国約7,000の宅急便センター、約60,000名のセールスドライバーからなる宅急便ネットワークや情報、物流、決済などの機能を活かし、豊かな社会の実現に貢献することを目指している企業だ。ヤマトHD傘下のヤマト運輸は、オイシックスの物流の大部分を委託している取引先でもある。また、2017年からは両社共同で、生産者の受発注業務から取引先へのお届けまでをワンストップで効率化するオープンプラットフォームの構築に向けた「ベジネコプロジェクト」を開始している。

この状況の下、両社はそれぞれのアセットやスキルを最大限に活かし「ベジネコプロジェクト」のさらなる推進や、食品流通のサプライチェーン全体における社会課題の解決に取り組むという。


■A-FIVEとの協業で「Oisix クラフトマーケットをスタート」

A-FIVEは、日本の農林水産業のさらなる強化・成長に向け、事業者への出資・経営支援を行っている団体だ。オイシックスはA-FIVEとの提携により、食領域のスタートアップ企業を支援 する新しい取り組み「Oisix クラフトマーケット」を6月27日から開始する。

「Oisix クラフトマーケット」は、独自の技術や製法を持つ国内外のスタートアップ企業や小規模の生産者・メーカーの食材を集めたコーナーで、オイシックスの販売サイト内に開設される。このコーナーでは、A-FIVEの出資先、および連携している生産者の商品も取り扱う。両社は、本取り組みを通じて、生産者の価値向上に貢献する活動を強化していくという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)