株式会社ローソン(以下、ローソン)は、三菱食品株式会社(以下、三菱食品)、日本農産工業株式会社(以下、日本農産工業)、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)と連携し、「廃棄食品回収」の実証実験を8月1日より東京都内3店舗で開始すると発表した。実証実験の結果をふまえ、2020年度に関東エリアの400店舗での実施を目指すという。


■実証実験の内容

実証実験では、ローソンの既存物流網(商品配送後のトラック戻り便)を活用して、廃棄食品を店舗から回収する。回収した廃棄食品は、千葉県市川市にある三菱食品の物流センターに集約。その後、別の収集運搬会社がリサイクル工場に廃棄食品を配送し、工場で飼料に加工した後、日本農産工業を通じて畜産農家に提供する流れだ。

従来、ローソンでは、廃棄食品の収集運搬会社が店舗ごとの廃棄食品を直接回収し、リサイクル工場に配送していた。今回の取り組みでは、収集運搬会社を通さず既存の店舗物流網を活用するため、新たな人員の手配の必要がない。本取り組みは、収集運搬会社が店舗に行く必要がないため、食品リサイクルの向上だけではなく、ドライバー不足の解消や、走行するトラック台数の削減によるCO2の削減にもつながる見通しだ。

<実証実験の実施店舗>

●ローソン 丸の内パークビル店(東京都千代田区丸の内2-6-1)

●ローソン 晴海トリトンスクエア店(東京都中央区晴海1-8-16)

●ローソン 南砂二丁目店  (東京都江東区南砂2-37-1)


■取り組みの背景

本来食べられるのに捨てられる食品、いわゆる「食品ロス」は世界で約13億トン(※国際連合食糧農業機関公表値)、日本で643万トン(※環境省公表 平成28年度推計値)発生しており、大きな社会課題となっている。ローソン店舗でも、食品ロスは年間約4.4万トン発生しているのが現状だ。

同社は2006年5月から、収集運搬会社が店舗で発生した廃棄食品を直接回収し、飼料(豚やニワトリのエサ)や肥料としてリサイクルする取り組みを開始し、現在は約2800店(2018年2月時点)で実施している。今回の取り組みは、従来のやり方をさらに一歩進化させた形となる。ローソンでは、今後も食品リサイクルやCO2削減を推進することで、SDGsの達成を目指していくという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)