住友商事株式会社とSCSK株式会社は、共同出資により米国シリコンバレーにコーポレートベンチャーキャピタルファンド「Presidio SCSK Digital Fund」を設立した。

住友商事とSCSKは、デジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)分野における事業創出を目的として、DX分野の事業開発を担う専門組織をそれぞれが立ち上げ、緊密に連携しながらDX分野の事業化に取り組んでいる。この取り組みを加速させ早期の事業化を実現するには、国内外のベンチャー企業が有するAI、IoT、ビッグデータ、ロボティクス、センサー等のDX関連先端技術と、住友商事とSCSKが保有する知財やリソースを組み合わせることにより新たな価値創造を行う共創が欠かせないという。

Presidio SCSK Digital Fundは、スタートアップへの出資を通じ、DX事業の推進に資するコアテクノロジーの発掘、最先端分野の技術情報や商権および新規事業パートナーの獲得、新事業の創造等を目指す。

住友商事は、1998年にシリコンバレーでベンチャーキャピタルPresidio Ventures, Inc.を設立し、IT分野では160社以上に出資している。 約20年にわたりベンチャーキャピタルファンドやベンチャー企業と関係を構築しているPresidio Ventures, Inc.に加え、SCSKのIT技術力を掛け合わせたPresidio SCSK Digital Fundを通じてシリコンバレーでの投資活動を行うことで、住友商事グループとしての取り組みのさらなる強化を図る。

住友商事とSCSKは、オープンイノベーションの推進を通じて獲得した技術・知見・経験を生かして、利用者、パートナー企業、グループ会社のDXを支援していくという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)