阪急阪神不動産株式会社(以下、阪急阪神不動産)は、既存事業の競争力強化や新規事業開発に向け、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「HHP共創ファンド1号投資事業有限責任組合」を新設すると発表した。スタートアップ(成長志向の新興企業)との共創を加速させることが狙いだ。


CVC設立の背景

阪急阪神不動産、および阪急阪神不動産グループは、これまで「Open Network Lab Resi-tech」や「Startupbootcamp Scale Osaka」などのアクセラレーションプログラムにパートナー企業として参画してきた。また、スタートアップとの共創に取り組むとともに、関西圏の地域経済活性化につながるスタートアップ起業支援を企図した「梅田スタートアップファンド1号」や「SI創業応援ファンド」への出資を行っているという。

今回、これらのノウハウを活用し、同社初となるコーポレートベンチャーキャピタルファンドを新たに設立することにより、同社とスタートアップとの連携を更に拡大強化させることを狙うという。スタートアップが有する先端技術や革新的な事業手法と、同社が有する経営資源を、協業を通じて融合させることにより、新たな価値提供を目指す。


CVCの運営体制と出資額

新設されるファンドの運営は、池田泉州キャピタル株式会社が担う。池田泉州キャピタルは、関西圏を中心とする産学連携等によるスタートアップ支援実績と、「SI創業応援ファンド」をはじめとする豊富なファンド運営ノウハウを有する企業だ。阪急阪神不動産による本ファンドへの出資約束金額は総額10億円となるが、今後のスタートアップへの投資の進捗状況に応じて、出資規模を順次拡大していく予定だという。


<ファンドの概要>


<無限責任組合員の概要>

池田泉州キャピタル株式会社

・代表:石飛 光俊

・所在地:大阪市北区茶屋町18番14号

・事業概要:投資業務、コンサルティング


取り組んでいる主なスタートアップ施策一覧


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)