研究内容をもとに優秀な理系学生をスカウトできる新卒採用サービス『LabBase(ラボベース)』を提供している株式会社POLはSpiral Ventures Japan、株式会社サイバーエージェント、PKSHA SPARX Algorithm Fund、Beyond Next Ventures株式会社、BEENEXT Pte.Ltdを引受先とする第三者割当増資により、10億円のシリーズAラウンド資金調達を実施した。


資金調達の目的

『LabBase』は、登録学生数1.5万人、利用企業数140社を突破し、2017年2月のサービス開始から約2年半で日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスに成長。また、2019年3月には、産学連携を加速する研究者データベース『LabBase X(ラボベース クロス)』をリリースした。

今回、調達した資金は、主に『LabBase』の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する。マーケティング強化としては、優秀な理系学生との出会いを求める優良企業の利用拡大を進めていく。人員強化としては、学生と企業のマッチング精度やユーザビリティを高めるサービスの開発、学生・企業へのサポート体制を拡充していくという。

研究関連市場には様々な課題が山積している。POLは、『LabBase』『LabBase X』だけでなく、今後も研究者の課題をテクノロジーで解決するLabTech(研究×Technology)事業群を創出していく。研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造することが同社のビジョンであり、それによって、未来を加速することが同社のミッションという。


引受先

・Spiral Ventures Japan

・PKSHA SPARX Algorithm Fund

・株式会社サイバーエージェント(藤田ファンド)

・Beyond Next Ventures 株式会社

・BEENEXT Pte.Ltd 

今回の資金調達では、Spiral Ventures Japanがファンド最高額の出資。また、PKSHA SPARX Algorithm Fund、株式会社サイバーエージェント、Beyond Next Ventures 株式会社、BEENEXT Pte.Ltdの4社は、前回以前のラウンドに引き続いての出資となる。


引受先コメント

Spiral Ventures Japan

この度は、POLのシリーズAラウンドのリード投資家として、ファンドの最大金額を出資させて頂きました。理由としては、科学技術を促進するプラットフォームとしての社会的意義性や、強靭で柔軟性の高い組織力を有する点、代表の加茂さんが優秀でチャーミングである点など、挙げればキリがありません。日本の科学技術立国としての地位が危ぶまれていることには大きな危機感を感じております。POLは、研究者を取り巻く根本的な課題を解決しエンパワーメントすることで、日本のイノベーションを加速する産業インフラを構築していける潜在力があると確信しております。

PKSHA SPARX Algorithm Fund  

未来、人は、今よりももっと、対面・遠隔問わず個性を活かし、適材適所で働くようになると考えます。 特に現在、研究者の持つ能力は個性的であるにも関わらず、社会のニーズとうまく結合されていない側面が強いと考えます POLが情報技術により展開する事業は、この歪みを解き放ちうるポテンシャルを持っています。 経営陣と事業コンセプトに共感し、本投資へのAlgorithm ファンドからの参画を決めました。

株式会社サイバーエージェント

若手経営者を応援させて頂く目的で藤田ファンドから投資させて頂きました。理系学生という若い世代と、研究者等の大人の世代をバランスよく巻き込める加茂さんの人間性と、日本のオープンイノベーションを背負ったこの大きな事業ドメインに可能性を感じています。まさにこの領域への挑戦に適切な経営者だと思い、期待しています。

Beyond Next Ventures株式会社

大学発スタートアップの事業化支援を手掛ける弊社は、研究者を支援するPOL社の掲げるビジョンに強く共感しています。加茂社長の実行力、吉田取締役のマネジメント力をはじめ、スピード感と安定感を併せ持つ素晴らしいチームです。これまで創業当初の計画を着実に有言実行しており、この度、追加出資する事と致しました。

BEENEXT Pte.Ltd

出資を決めた理由の1つは、会社を経営しているメンバーと会社に所属しているメンバーの質の高さがあります。創業初期に投資してから2年ほど経ちますが、その間、加茂さんや周りのメンバーを見ていて、みんな学習能力も高いし、成長意欲も強い。さらにみんな素直な人たち。本当に良い会社になるなと思いました。なので、今回も追加出資させてもらいました。もう1つの理由は、事業の独自性です。この会社がうまくいけば、本当に日本を良くすると思っていて、日本の中で眠っている、人・知識・研究が解放されて会社や社会との連携力が上がっていくとイノベーションが進み、社会的問題や経済的課題の解決されるスピードが上がっていく。絶対成功してほしい会社だと思っています。

POL代表加茂氏のコメント

各投資家の皆様。POLへの評価と共感をいただき、ありがとうございます。共にビジョン達成と企業成長を追って走り、大きくリターンをお返ししたいと思っています。また、投資家さんから評価いただけたこともひとえに、日頃サービスをご利用いただいているお客様やユーザーさん、頑張っている全POLメンバーあってこそなので、心より感謝しております。調達させていただいた資金をいかにうまく使うかにPOLの将来が大きくかかっています。一銭たりとも無駄にせず、ただし投資すべきところには大胆に投資する。メリハリをもって強い経営をしていきたいと思います。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)