株式会社SkyDriveは、航空機・ドローン・自動車エンジニアが集う有志団体CARTIVATORメンバーから発足した「空飛ぶクルマ」の開発・製造・販売を行うスタートアップ。今回、既存投資家であるDroneFund、Zコーポレーションに加えて、STRIVE、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、環境エネルギー投資を株主として迎え、第三者割当増資および助成金を通じて、15億円の資金調達を完了した。

これにより、累計調達額は20億円となり、2019年内の有人飛行試験開始に向け開発を加速して行くという。なお、今回の調達に伴い、STRIVEの代表パートナー 堤達生氏が、SkyDriveの社外取締役として新たに就任する。


事業概要

株式会社SkyDriveは、航空機・ドローン・自動車エンジニアを中心に2016年から活動している有志団体CARTIVATORのメンバーで発足した株式会社。2018年12月より、日本初となる空飛ぶクルマ(無操縦者航空機)の屋外飛行試験を開始している。また、愛知県・豊田市と連携、『新産業創出へ向けた「空飛ぶクルマ」開発に関する連携協定』を締結し、2019年6月、豊田市に日本最大級(2019年9月時点)の飛行試験場をオープン。年内の有人飛行試験の開始、2020年夏のデモフライト、2023年の発売開始に向けて、開発を進めている。


空飛ぶクルマとは

空飛ぶクルマとは、正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」と呼ばれ、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で開発が進んでおり、日本においても都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものと期待されている。

既存の航空機に比べて低コスト・低騒音。離発着場所もコンパクトになるため、空の移動がより日常的になると考えられる。

Uberがサービスプラットフォーマーとして2023年からの事業開始を目指すと発表をしているように、空飛ぶクルマは、MaaSにおいて、キーとなるモビリティとして期待されている。

2040年にはグローバルで150兆円の市場規模に達すると予測されており、まさに、次世代産業の1つ。日本においても、2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、2023年の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップが制定されている。先進国においては渋滞緩和、災害時利用、新興国においては、インフラ不要の移動手段としての活用が見込まれている。

SkyDriveは、空飛ぶクルマの日本のトップランナーとして、この度の調達資金を、本年中の有人飛行試験を開始するべく、部材・人材等の開発費用に充当するという。


引受先によるコメント

DroneFund 共同代表 千葉 功太郎氏 (千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)

日本政府は成長戦略閣議決定において、空飛ぶクルマの事業化の開始を2023年度を目標に実現することを決定しました。空飛ぶクルマが実用化すれば、私たちは今よりも短時間で移動ができるようになり、新しい移動ルートの開拓が可能になります。スカイドライブは、昨年の設立以降、日本初の屋外飛行実験に成功するなど、着実に歩みを進めています。空の移動革命に向けた官民協議会に参画するなど、ルール形成にも積極的に取り組んでいます。今回の資金調達により、安全な機体の開発がさらに前進することを期待しています。

Zコーポレーション株式会社 代表取締役社長 高田 徹氏 (Zファンド 1 号投資事業有限責任組合)

空飛ぶクルマに乗ることを、一度は夢見たことがある方は多いのではないでしょうか。私もまたその一人です。SkyDrive社は「誰もが自由に空を飛べる時代」の実現に向けて、高い技術力と情熱をもって日々邁進しており、弊社も投資家としてそれに伴走できることを光栄に思っています。今回参画された投資家の方々と力を合わせて、今後も全力で応援させていただきます。

STRIVE  代表パートナー 堤 達生氏 (STRIVE Ⅲ投資事業有限責任組合)

”空飛ぶクルマ”この言葉を聞くだけでワクワクしてきませんか。

初めてプレゼンを聞いたときから、SkyDrive社が掲げるビジョンを一緒に実現したいと思い投資を決めさせていただきました。高い技術力を誇るチームと様々なステークホルダーを巻き込みながら環境を整備していく事業開発力。この2つの強みを活かしながら、リードインベスターとしてしっかりとサポートしていきたいと思います。

■伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社 代表取締役社長 中野 慎三氏 (テクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合)

“空飛ぶクルマ”という未来を実現する為に、各業界から優秀な人材が集結したSkyDrive社。彼らの描くチャレンジングな未来に共感し、応援をすべく、この度出資をさせて頂きました。同社を世界で勝てる日本企業へと押し上げられる様に、共に汗をかきながら、資金調達や事業開発等の場面において今後幅広く支援をさせて頂きます。

株式会社環境エネルギー投資 代表取締役社長  河村 修一郎氏 (EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合)

2017年にパリ協定が合意され、世界各国で温室効果ガス排出削減の取組みがさらに加速しております。既に自動車ではEVが普及を開始しており、今後は航空機/ヘリコプターの電動化が始まろうとしているなか、この分野で世界を目指すSkyDriveに参画できることを心から光栄に思っております。環境・エネルギー分野にとどまらず全力でサポートさせていただきます。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)