合同会社DMM.comが展開するマイノリティ出資の取り組み「DMM VENTURES」にて、新たに3社への出資を決定したことを発表した。

新たな出資先は、株式会社ココドル、Bisu, Inc.、株式会社ジャパンヘルスケアの3社。いずれも次代を担う人材への投資という点を重視し決定したという。「DMM VENTURES」では、出資先支援に関し、メンタリングから事業計画作成、営業フォローまで幅広く行っている。また、事業支援の取り組みの一環として、2019年9月よりDMM VENTURESに応募していただいた方の中からDMM.make AKIBAのコワーキングスペースを3ヶ月無料で利用できるスカラーシッププランも用意。出資方針、支援に関する詳細は、今回リニューアルしたDMM VENTURESホームページでも確認できる。

「DMM VENTURES」では、今後もベンチャーコミュニティに貢献するため、事業会社としての強みを活かし、DMMのノウハウやリソースを必要に応じて提供し、同取り組みを推進していくという。スカラーシップ、出資先についての詳細は下記を参照。


出資決定先3社 詳細

<第4号案件>

・サービス名:「ハッシュミー」

・内容:ビジョンマッチを軸とした複業(短期プロジェクト参画型)HRマッチングサービス

・契約締結日:2019年8月1日(8月15日に送金完了)

・出資額:9,983,109円

・出資理由:

創業者の櫻井氏は25歳とまだ若いながら、成長に貪欲で実行力溢れる優秀な起業家であり、

DMM VENTURESとして若手起業家支援の観点から出資を決定。


・事業運営会社 概要

社名(英文社名):株式会社ココドル(cocodoru Inc.)

代表者:櫻井 楓氏

事業内容:複業(短期プロジェクト参画型)HRマッチングサービス 「ハッシュミー」の運営

資本金:5,488,000円(資本準備金含む)

設立年月日:2017年6月20日

URL:http://cocodoru.fun/


・創業者 櫻井 楓氏 プロフィール

自我が芽生えた幼き日に「教科書に載るような大きな事を成す。」という思いを抱く。その後、武蔵大学経済学部に入学し、単位互換プログラムを通じてアメリカ・テンプル大学に、武蔵大学と並行して2年間通う。日本と海外のキャリアに対する考え方の違いを感じると同時に、大学3年次に、就活を通じて、これからの世代のキャリア感に対する現状の社会基盤にズレと違和感を感じたことから、大学4年次には「次世代のための働き方・生き方」を体現すべく就職せず起業する事を決意。2017年大学卒業後の6月に株式会社ココドルを立ち上げた新卒起業家。#自分の名前 で活躍する生き方を創るという思いで「ハッシュミー(#me)」のサービスを立ち上げた。


<第5号案件>

・サービス名: 「bisu」

・内容: 日常に溶け込んだ健康管理・生涯健康を実現するIoT尿検査装置

・契約締結日:2019年8月28日(9月2日に送金完了)

・出資額:10,000,000円

・出資理由:

日本人の死亡者数の約6割を占める「生活習慣病」の増加という大きな社会課題に対し挑戦する、ダニエル氏のビジョンに共感し、DMMの既存事業領域ではないヘルスケアの分野ではあるが、出資を決定したという。


・事業運営会社 概要

社名(英文社名):Bisu, Inc.

代表者:Daniel Maggs氏

事業内容:ヘルスケアIoT商品の開発

資本金:100USD

設立年月日:2016年6月6日

URL:https://www.bisu.bio/


・創業者 Daniel Maggs(ダニエル・マグス) プロフィール

ロンドン生まれ、東京在住のイギリス人。ケンブリッジ大学で日本語を専攻した後法科大学院に進み、法律事務所に入社。英国法弁護士資格取得後投資銀行でアナリストを勤め、3社目は日本のディー・エヌ・エーで新規事業企画を担当。そのうちヘルスケアIoTという領域に目がつき、ハードウェア・ベンチャーの立ち上げを決意して退社。自分の父親が前立腺癌になったことからもインスピレーションを受け、次世代尿検査サービスの開発に挑戦している。


<第6号案件>

・サービス名: 「HOCO」

・内容:予防医療で痛みのない社会を作る、スマホでオーダーメイドインソールを作るプロジェクト

・契約締結日:2019年9月1日(9月13日に送金完了)

・出資額:9,999,225円

・出資理由:

専門知識を有する医師でありながら、「予防医療で痛みのない社会」を実現するために複数の事業にチャレンジする起業家でもある代表岡部氏のキャリアと行動力を評価し、DMMの既存事業領域ではないヘルスケアの分野ではあるが、出資を決定。


・事業運営会社 概要

社名:株式会社ジャパンヘルスケア

代表者:岡部 大地氏

事業内容:歩行診断ソフトウェア開発・オーダーメイドインソール開発・ヘルスケアアプリ開発・

健康経営コンサルティングなど

資本金:2,000,000円(資本準備金含む)

設立年月日:2017年6月2日

URL:https://jp-hc.com/


・創業者 岡部 大地氏 プロフィール

1986年生まれ。32歳。2012年三重大学医学部を卒業、学生時代に予防医学に人生をかけると誓う。2014年から総合診療医として幅広く診療を行ったのち、2016年千葉大学大学院で先進予防医学を専攻。予防にも様々な分野がある中で、自身も偏平足、O脚で歩き方が汚く、将来の痛みのリスクが高いことに気づき、「予防医療で痛みのない社会」を作ることを目的に2017年株式会社ジャパンヘルスケア設立。自分では見えない歩き方を可視化する「MirrorWalk」やスマホから簡単にオーダーメイドのインソールが作れる「HOCO」を開発、運営する他、企業への健康経営コンサルティングなども行っている。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)