GVA TECH株式会社は、東京大学 大学院 総合文化研究科 加藤恒昭研究室と、自然言語処理技術を用いた契約書データの処理と活用に関する共同研究を開始したと発表した。 GVA TECHは、AIによる契約書チェックサービス「AI-CON」や法人登記支援サービス「AI-CON登記」などのリーガルテックサービスを開発・運営するリーガルテックカンパニーだ。本共同研究により、法務業務の効率化を目指す。


共同研究開始の背景

近年、法務部門の業務効率化やビジネスプロセスの高速化を目的として、リーガルテックサービスの需要が高まっている。このような状況下、GVA TECHではAIによる契約書チェックサービスの日本におけるパイオニアとして、2018年4月から「AI-CON」の提供を開始した。

今回の共同研究では、GVA TECHの保有する「契約書実データ」と、加藤研究室の強みである「自然言語処理分野における確かな研究業績・豊富な知見」を組合せることで、サービスの進化を目指す。これにより、ユーザーがより一層、安心して使用できる信頼性の高いAIサービスの開発につなげていくという。


加藤恒昭教授のコメント

「契約書データは当事者双方の責務と許認可が規定された複雑な内容を持っているため、その作成や理解を専門家に頼っていました。自然言語処理技術を活用して、より多くの人が公平かつ安心して契約書に携われるよう、一緒に研究を進めていきたいと考えています」


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)