スマートスキャン株式会社は、シリーズA資金調達ラウンドにおいて、けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合、CYBERDYNE株式会社、サイバニクス・エクセレンス・ジャパン1 号投資事業有限責任組合(CEJファンド)、みらかホールディングス株式会社、株式会社DGインキュベーション、Scrum Venturesを引受先とする総額約11億3千万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

同社は、SaaSや人工知能といったITを駆使しながら、より安価でアクセス容易な予防医療の実現、および未病の世界観を体現するためのウェルネスデータプラットフォームの構築に取り組んでいる。また、高度医療機器を用いた脳・心肺の画像診断等をより簡単に受診できる提携クリニックを各地に展開していくという。


■引受先

けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合(日本ベンチャーキャピタル株式会社)、CYBERDYNE株式会社、サイバニクス・エクセレンス・ジャパン1号投資事業有限責任組合、みらかホールディングス株式会社、株式会社DGインキュベーション、Scrum Ventures ※敬称略、順不同


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)