株式会社ノンピは、池森ベンチャーサポート合同会社等を引受先とする総額約2億円の第三者割当増資により、資金調達を実施した。今回の資金調達により、更なる経営基盤の強化を図るとともに、社員食堂のアイドルタイム等の遊休資産を活用して調理した食事を、周辺企業に届ける「ランチケータリング」サービスの開始も発表した。

これまでの社員食堂は、ランチだけでは採算が取れず企業側が社食運営事業者に運営補填金を支払うことが多い状況で、運営補填金の関係で運営事業者が見つからず、閉鎖状態のままになっている社員食堂も存在していた。

そのような状況を受けて開発されたのが、社員食堂の遊休資産を活用して収益化する「ランチケータリング」。ノンピは、遊休資産となっている社員食堂を運営補填金なしで運営受託し、そのアイドルタイム等を利用し、周辺企業にランチやパーティーのケータリングサービスを提供する。同ビジネスモデルで運営する社員食堂は、通常のランチ売上の約5倍~10倍の売上を作り黒字化されているという。

また、これまでは夜の社内パーティー向けのケータリングを中心に提供してきたが、ランチ難民問題や、健康経営の推進、更には美味しい食事で社員間コミュニケーションを活性化させたいという企業ニーズの後押しを受け、企業に本格的なランチを届ける「ランチケータリング」に注力していくという。

ノンピのランチケータリングは、単に腹を満たすためのランチではなく、良質な社員間コミュニケーションを促進し、新しいアイデアを生み出すための食事を提供するという。そのためには『美味しい』食事の提供が必須であることから、レシピ考案は全て元Google Japan 内の社員食堂で総料理長を務めていた飯野(現ノンピの総料理長)氏が行う。Google社員食堂クオリティーを、1社でも多くの会社に提供したいという狙いもあるという。

今後も同社は、食を介したコミュニケーション機会を創出し、企業に変革の機会を提供できるよう、より一層の力を入れていく。


ランチケータリングサービスについて



ノンピのランチケータリングは、会議室をまるでレストランのような空間に変身させる。

食事の配送、配膳、片付けも全てノンピ専属スタッフが行うため、企業担当者の負担なく利用できる。保温器もノンピで用意するため、温かい食事は温かく、野菜などは水々しいまま食べることができる。毎日届けるプランや、週に一度だけ届けるプランなど、幅広いラインナップがある。

詳細は下記より。

https://www.nonpi.com/contact/service/?lunch


ランチケータリングメニュー考案(ノンピ総料理長 飯野直樹氏)

飯野 直樹氏

現:ノンピ総料理長

元:Google Japan Food Team 総料理長

父親が料理人だったことがきっかけで高校卒業後、料理の道へ進む。複数のレストランで料理の基礎を学び、1992年に(株)ロイヤルマリオット入社。住友商事や、NTTコミュニケーションズの社員食堂の料理長を歴任した。同社退社後は経験を生かし大手コントラクトフードサービス会社に所属。Googleの社員食堂で7年間総料理長をつとめた。現在は株式会社ノンピにて総料理長としてメニュー、商品開発など統括を行う。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)