株式会社Sun Asterisk(サンアスタリスク)は、国内最大規模の機関投資家である農林中央金庫を引受先とする第三者割当増資を行い、約10億円の資金調達を実施したと発表した。本ラウンドは同社にとって初の外部資金調達となる。2020年年初をラウンドクローズとし、金融機関および事業会社などより最終調達金額は20億円を予定している。また本増資に併せて、各引受先企業との業務提携を進めていくという。


資金調達の背景

サンアスタリスクは、ソフトウェア・アプリ開発事業を主軸に2012年に創業。これまで300以上のサービス、プロダクト支援を行ってきた企業だ。世界中で1,000名以上のIT人材を抱え、ビジネスにテクノロジーを実装することを強みとした「デジタル・クリエイティブスタジオ」として事業を拡大。現在では、スタートアップスタジオ事業やアクセラレート事業によるスタートアップ支援だけではなく、エンタープライズ企業(大企業)のDXやR&Dなどへと支援の幅を広げている。

DXの推進が全産業で急がれる中、経産業省のまとめたIT人材需給に関する調査報告書(※1)によると今まで以上に国内のIT人材が恒常的な不足に陥る試算となっている。また、社会のデジタルシフトを推進できるテクノロジー人材は世界的にも枯渇しており、サンアスタリスクでは2013年頃から産学連携における教育事業を通してテクノロジー人材を育成することに取り組んできたという。

※1: 詳細については、IT人材需給に関する調査を参照

今回の調達資金は、クリエイティブスタジオの中長期的な成長基盤の強化と、現在ベトナム国内で3大学約1,500名に提供しているテクノロジー人材育成プログラムを多国展開含めた本事業の拡大、さらに各国のスタートアップの創出(スタートアップスタジオ事業)と投資を含めたアクセラレート事業に投資する。これにより、DXソリューションの継続的かつ拡大的な提供を目指していくという。


■代表者コメント 株式会社Sun Asterisk 代表取締役CEO 小林 泰平氏

創業から今まで、Sun*は外部からの調達は行わず自己資本で成長を続けて来ました。しかし、我々の目指すビジョンを実現するには、より圧倒的なスピードでの事業展開が必要だと判断し、今回の資金調達の決断をいたしました。

農林中央金庫にリードインベスターになっていただき、経営基盤の強化をすることで、僕ら自身がAwesome thingsを産み出すことに注力出来る環境をつくり、サービスを強化していきます。昨今海外VCや機関投資家による日本の未上場企業への投資などが増えて来ていますが、市場運用資産60兆円を超える農林中央金庫によるSun*への投資が、国内機関投資家のスタートアップへの投資を加速させ、資金調達の多様化が進むと良いなと思っています。

農林中央金庫の皆さんに支援していただき、一緒にチャレンジが出来ることにすごいワクワクしています!しっかり結果を出しながら、恩返ししていければと思います。

Sun*のビジョンである「世界中の誰もが価値創造に夢中になれる社会」を実現するインフラとなれるよう、才能やアイデアの「種」を照らし、育てて行くので今まで関わってくれている皆さん、ここからのSun*に期待して下さい!


■農林中央金庫からのコメント

農林中央金庫は2019~23年度中期経営計画を策定し、非連続な変化の時代の中、「変化を追い風に、新たな価値創造へ挑戦」していくことを目指しています。投資ビジネスにおいては、投資手法の進化に取り組んでおり、国内企業への直接投資をはじめ、様々な分野でのチャレンジを開始しています。

 Sun*は、幅広い企業に対する新たな価値創造のサポートを行っており、農林水産業を含めた日本の産業界の発展に大きく貢献していく企業であることから投資を決めました。新たな取り組みにおける直接投資の初号案件として、金融面のサポートにとどまらず、ともに事業成長を目指していきたいと考えています。Sun*の皆さん、よろしくお願いします。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)