「クラウドファクタリング」サービスを提供するOLTA株式会社は、内装・建築のマッチングサービス「内装建築.com」、総合建設プラットフォーム「Greenfile.work」を運営するシェルフィー株式会社と業務提携契約を締結したと発表した。この取り組みにより、建築業界の中小企業や個人事業主が、より手軽に素早く運転資金を調達することが可能となる。本連携を通じ、より多くの中小事業者の資金繰り改善・経営サポートに注力していくという。


業務提携の背景と内容

建築・内装事業者の多くは売掛先からの入金が遅く、資金調達の選択肢も少ないことから資金繰りの悩みを抱えている。それに対し、OLTAは請求書をオンラインで買取する「クラウドファクタリング」を通じて、中小事業者の方々へ新しい資金調達の選択肢を提供している。この業務提携によって、「クラウドファクタリング」をより多くの中小事業者に届け、キャッシュフローに余裕をもたらし、本当にやりたい仕事に注力できる環境作りをサポートする。

具体的には、OLTAの審査システムとシェルフィーが運営する「内装建築.com」上でやりとりされる情報を活用し、建築業界におけるファクタリング審査の円滑化や精度向上を実現する。これにより、事業者が「より手軽に」「素早く」運転資⾦を調達できるよう努めていくという。


両社の事業概要

OLTAは、「MUFG Digitalアクセラレータ第2期」に採択され、約20万社のデータに基づくAI(スコアリングモデル)を開発。2017年より、オンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供。サービス提供開始後、約2年で申し込み総額は150億円を突破した。「あらゆる情報を信用に変えあたらしい価値を創出する」というミッションを掲げ、クラウドファクタリングの普及に向けて、全国の金融機関やSaaS企業などと幅広く連携していくことを目指している。

一方、シェルフィー株式会社は国内最大級の内装・建築マッチングプラットフォーム「内装建築.com」と、総合建設プラットフォーム「Greenfile.work」を運営している。「複雑をシンプルに、なんとなくを透明に」というビジョンのもと、建築業界を中心にITの浸透が十分でないマイナスな面をゼロに、そしてプラスにし、業界や社会インパクトを与えるリーディングカンパニーを目指している。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)