KDDIは、KDDIと株式会社毎日新聞社が提供する皇居ランナー向けランナーズスペース「Run Pit by au Smart Sports」(以下 Run Pit) において、2019年12月18日から2020年3月31日の期間、新しいフィットネス体験創造に向け、ランニングフォームの自動解析とランナーズスペース無人化の実証実験を実施する。

▲ランナーズスペース無人化 無人ショップイメージ

同実証実験は、5G時代にスタートアップ企業とともに新たな価値を創造する事業共創プラットフォーム「KDDI ∞ Labo 5Gプログラム」の取り組みとして、株式会社Sportipおよびedison.ai, Incと共同で実施する。

Sportipと提供するランニングフォームの自動解析 (Running Form Analyzer) は、ランニングマシンで走る様子を備えつけのタブレット端末にて1分間撮影するだけで、Sportip独自の画像解析技術 (Sportip AI) により、ランニングフォームの解析結果や走り方の特徴に応じたランニングシューズの推薦、専門家からのトレーニング指導をその場で提供する。

ランナーズスペース無人化の取り組みとして、edison.aiと提供する無人ショップは、日本および米国の特許を取得した商品解析に強みを持つ画像解析技術を用いて、利用者がスマートフォンでQRコード認証して入店、商品を手に取り、店を出るだけで、事前に登録したクレジットカードで支払いが可能。これにより、新しい購買体験の提供とともに、ランナーズスペース無人化による施設の運営効率化も実現する。

「KDDI ∞ Labo 5Gプログラム」を通じて、スタートアップ企業とともに新たな価値を想像する事業共創を創出するとともに、今後、第5世代移動通信システム「5G」の活用も視野に入れ、リアルタイムで高精度なトレーニング指導や、無人での商品購入に加え、受付などの無人化を進め、トータルでランナーズスペースの運営高度化を目指していくという。

また、同実証実験の体験の場とあわせて、皇居ナイトランイベントを2019年12月26日に開催。同実証実験に加えて、スマートグラス「nreal light」を活用した最新ARアトラクションによる、新しいランニング体験も提供する。

KDDIは「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、最先端テクノロジーを持つスタートアップやパートナー企業とともに、5G時代の新しい体験価値を創造していくという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)