株式会社サムライインキュベートの子会社である株式会社サムライインキュベートアフリカ(以下、サムライアフリカ)は、アフリカ大陸のスタートアップへ出資・インキュベーションを目的とした「Samurai Africa Fund 2号投資事業組合」(以下、アフリカ2号ファンド)を組成したことを発表した。

サムライインキュベートでは今後、新興国における雇用創出により豊かな国を増やすことを目指していく中で、前提を覆すような産業・サービスを生み出せる可能性が高く人口増加が予想されるアフリカ諸国は、注力して共に伴走したいエリア。また、これまでも同社とサムライアフリカでは、アフリカ大陸で活動する創業期スタートアップへの出資・成長支援を進め、現在18社への出資・インキュベーション支援を行っている。この活動を推進し加速していくべく、アフリカ2号ファンドを組成することにしたという。

アフリカ2号ファンドでは、ケニア、南アフリカ、ナイジェリアの3カ国をメインとするアフリカ諸国を投資対象国とする。投資領域には、金融・保険、物流、医療・ヘルスケア、小売・EC、エネルギー、農業、交通・モビリティ、エンターテインメントと設定し、スタートアップがこれまでの常識を覆すような方法で人々の生活を支えることを期待したい領域の事業に投資予定という。

なお、サムライアフリカは現在、独立行政法人国際協力機構(以下JICA)からアフリカ地域における起業促進やスタートアップエコシステム形成に関する調査を受託しており、かかる調査に基づいてJICAに対してアフリカ起業家支援に関する提言をまとめる予定。サムライアフリカはこの取り組みを通じて、JICAが展開するアフリカ各国での起業家支援を強化するという。

今後アフリカ2号ファンドは、ファンド総額20億円を目標に出資者の募集を行っていく。


<アフリカ2号ファンド概要>

■名称:Samurai Africa Fund2号投資事業組合

■投資対象国:ケニア共和国、南アフリカ共和国、ナイジェリア連邦共和国の3カ国を中心とするアフリカ諸国

■投資対象領域:金融・保険、物流、医療・ヘルスケア、小売・EC、エネルギー、農業、交通・モビリティ、エンターテインメント

■投資ラウンド:シード〜シリーズA

■投資金額:500万円〜5,000万円程度


今後も、サムライインキュベートとサムライアフリカは、「できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える」という企業理念のもと、シードステージのスタートアップから投資・インキュベーションをするベンチャーキャピタルとして、本気でイノベーションを起こそうとする起業家・企業家、組織、国と伴走し、イノベーションの推進をしていくという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)