成田国際空港株式会社は、株式会社NTTドコモと共同で「5G」(第5世代移動通信システム)とアバター技術を組み合わせ、遠隔地から案内業務を行う実証実験を実施する。

働き手の多様性を受容し、新たな働き方を提示するとともに、現場で培われたノウハウや多言語スキルを有効活用する可能性を探ることが目的だ。高速・大容量、低遅延、多接続といった特徴を持つ「5G」通信と、近年SNS上でも用いられることの多い「アバター」技術を活用し、「遠隔アバター案内」を成田国際空港第3ターミナルにおいて実施する。遠隔アバター案内は、国内空港で初の取り組みとなる。

本実証実験では、「5G」通信によって対面カウンターと同等にスムーズな会話が成立するかなど技術的側面や利用者がアバターから受ける印象、案内サービス品質などについて検証する。


実証実験の概要

(1) 実証実験のポイント:

  「5G」通信を活用した遠隔アバター案内の有用性評価

(2) 実施期間:

  2020年2月3日(月)~3月27日(金)

  平日14:00~15:00 ※ただし、3月2日(月)は除く

(3) 実施場所:

  第3ターミナル 2階 保安検査場前

 ※実際の案内担当はターミナル内の離れた場所で従事。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)