株式会社ROXXは、2020年2月19日、株式会社サイバーエージェント、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社を引受先とする、総額5億円の第三者割当増資をシリーズBラウンドにて実施したと発表した。これにより累積資金調達総額は、約12億円となる。同社は、調達した資金をもとに、人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム『agent bank』、および月額定額制リファレンスチェックサービス『back check』へ投資する。同時に、両事業における採用を強化するという。


引受先各社からのコメント

株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長 藤田晋氏

次世代の柱となる若手経営者として応援したく、藤田ファンドから投資させていただきました。ROXX社はHRテクノロジー企業としてリーディングカンパニーとなり、日本企業全体のバリューアップの要となると強く感じています。優れたサービスも魅力的ですが、なによりも代表の中嶋さんの溢れ出るチャレンジ精神が業界全体にいい影響を与えてくれると信じています。


SMBCベンチャーキャピタル株式会社 次長 安田純也氏

今回中嶋社長率いるROXX社に対して、既存株主として3回目の出資をさせていただく機会をいただき、大変嬉しく思います。昨今雇用の流動化が進んでおります一方、企業・求職者間の「情報の非対称性」は益々大きな課題として顕在化しております。こうした中、ROXX社は『back check』を通じて「求職者個人の信用の可視化」を推し進め、日本を企業/求職者双方にとって最適な採用/転職ができる社会へ大きく変化させてくれる存在になると確信し、追加出資させていただきました。ROXX社が、今回の資金調達をきっかけに『agent bank』『back check』という魅力的なサービスをさらに磨きあげ、日本の人材/採用業界におけるインフラとして不可欠な存在へ躍進を遂げてくれることを期待しております。


■みずほキャピタル株式会社 インベストメントマネジャー 根本丈司氏

中嶋社長とは3年振りにお会いしましたが、以前の事業をピボットさせ、新しいサービスで着実にマネタイズが行えていたことを評価して投資させていただきました。『agent bank』は、これまで人材紹介に馴染まなかった求人層にも焦点を当て、求人企業及び人材紹介企業両方のニーズをうまく捉えたプラットフォームであり、今後も安定した成長を見込んでおります。新規事業である『back check』は、採用時のリファレンスをオンライン上で簡単・低価格で行えるサービスであり、国内にリファレンスチェックを定着させうる大きなポテンシャルに期待しております。今後はみずほグループの顧客基盤を活用し、全面的な営業支援をさせていただきます。


三菱UFJキャピタル株式会社 投資第二部副部長 田口順一氏

『back check』は、候補者の粗探しではなく、入社後のカルチャーギャップを防ぎ、企業がどのように受け入れると早期に力を発揮し、候補者自身が成長できるかを知ることができるサービスです。採用候補者、採用企業ともに大きなメリットがあると感じており、今後の普及に期待し追加投資させていただきました。若く情熱があり、スピード感を持って事業を推進する経営陣にも魅力を感じています。今後のさらなる成長と飛躍に期待しております。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)