eiicon

【イベントレポート/Monthly Pitch】サイバーエージェント・ベンチャーズが「毎月」開催することにこだわったピッチイベントに参加しました

こんにちは。eiicon co-founderの中島です。株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズの企画・運営するMonthly Pitchに参加してきました!このMonthly Pitchは、創業期の起業家が資金調達に割く時間を最小限にし、少しでも長く事業に集中することを目的に始まりました。ネーミング通り、各社の最適な時期に登壇頂けるように「毎月」開催することにこだわっているようです。

2016年12月から、Monthly Pitchを開始し、東京に限らず、地方や海外のスタートアップも多数参加。著名ベンチャーキャピタル・エンジェル投資家も参加し、実際に資金調達ができているスタートアップも多くあり、「調達実施率にこだわっている」イベントです。ちなみにスタートアップの応募条件(https://www.monthly-pitch.com/)を下記参考まで!

<応募条件>

1. IT・インターネット関連のベンチャー企業であること。

2. 500万円〜1億円程度の、シード・アーリー期の資金調達を検討していること。

3. 一次書類選考を通過された場合、二次選考に参加できること(オンラインでの面談可)。

4. 一度ご参加頂いた登壇者の方も、複数回の応募及び登壇が可能。

それでは、ここからは、3月8日(水)に行われたMonthly Pitchに登壇したスタートアップ8社とそのサービスを紹介します。


■株式会社エニーカラー(http://anycolor.co/

サービス名:シュミトモ! (http://shumitomo.com/)

興味のあるトピック(シュミトピ)について、アプリで知り合った「シュミトモ」と最大4人までの音声チャットを楽しめるサービス。また、すべてのシュミトピはオープンなので、他のユーザーの会話を聞くラジオ的な楽しみ方も可能。20代〜30代をインタビューした時に、スマホを常に持っており、リアルタイムで常に誰かと繋がっている感覚を求めている人が多い。また、リアルな友人や知り合いには話しづらいトピックを誰かと話したいという欲求も存在する。そんなニーズを満たす音声SNS。


■株式会社DogHuggy

サービス名:DogHuggy(https://doghuggy.com/

近くの愛犬家の家で、飼い犬をお泊まりさせることができる予約サイト。厳正な審査を通過したドッグホスト(愛犬家)だけを抱えている為、安心して飼い犬を預ける事が可能。さらに、旅行時や出張時に愛犬を預けることができる。

代表の長塚氏は、獣医大学附属高校卒で動物行動学などを学び、安心して動物を預けられない日本の現状に着目し、日本を動物先進国にするという想いで、同サービスを展開。預け先のドッグホストは、既に東京23区のほとんどをカバー。NHKにも取り上げられるなど、注目のサービス。預かり機能だけではなく、しつけサービスや、物販を今後展開する予定で、国内最大のペットプラットホームを目指している。


■株式会社Popshoot(http://popshoot.co.jp/#about

サービス名:よろペイ  

同サービスは友人間でお金の建て替えたものをメモしたり、販売できるアプリ。絵文字でのチャット機能やグループ機能など、ユニークな機能も備えており、お金の貸し借りをクレジットカードで実現できる。アプリにクレジットカードを登録しておけば、いつでも気軽に支払うことが可能だ。同社メンバーは、CEO含め全員20代前半と非常に若く、今後に注目したい。


■Kaesi Company, Inc.

サービス名:RAMEN HERO(http://ramenhero.co/

同社は、ファウンダーの長谷川氏が、サンフランシスコに渡り起業。日本のラーメンの通販事業を展開している。アメリカでは、多くのラーメン店には行列ができ、アメリカにおけるラーメン市場は年々拡大している。特に、一風堂などの日本発のラーメン店は行列だ。しかし、アメリカにあるラーメン店の多くがまだまだ発展途上であり、日本レベルのラーメンを食べられる店は少ない。そこで、同社は、「自宅で、日本レベルの本格ラーメンを食べられるようにする。」を実現するべく、RAMEN HEROというサービスを開始。オンラインで注文し、自分で調理してもらう。全米のラーメンファン、日本食ファンにアプローチする。将来的には、レストランなど、BtoB向けのサービスの展開も検討している。


■PeraPera(https://www.perapera.co/

サービス名:PeraPera

世界のコンテンツ記事を翻訳するアプリを運営。ネット上で見れるコンテンツのほとんどが英語で、翻訳されていないサイトが沢山ある。パソコンの翻訳機能を使っても、なかなか満足のいく翻訳はまだまだ少ないのが現状である。また、いざ翻訳をお願いしようとしても、翻訳家に依頼するには、価格が高い。こんな課題を解決するのが、このPeraPeraで、翻訳のクラウドファンディングである。

一人でwebページの翻訳代を負担しない。しかし、そのwebページの閲覧者で、その翻訳代を割り勘すれば、かなりの安価で、翻訳されたページを閲覧することができる。さらに翻訳家をつかっているので、翻訳のレベルも高い。つまり、何百人が1つのコンテンツを見ており、それをみんなで割り勘するアプリである。


■THE APP BASE株式会社(http://www.the-app-base.com/#top

サービス名:HANDIY(欲しいものは作ろう、自分の手で)(http://handiy-life.com/

「DIY=日曜大工=おじさんの趣味」だったものが、現在は、徐々に「DIY=おしゃれなもの」に変化してきている。そんな市場になってきているものの、「DIYやってみたいけど、どのようにやっていいのかわからない。」という悩みも多い。
そこで、生まれたのがこのHANDIY(ハンディ)というサービス。一言で述べるとするならば、「DIYのクックパッド」だ。作り方や必要な材料を調べる事ができる。一方で、投稿する側のユーザーはせっかく作ったDIYを見て欲しいという気持ちで、投稿するのだという。海外のDIYレシピサービスは既に拡大しており、間違いなく市場もあるとの見通し。今後は、CGM型のDIYメディアを構築し、EC送客やCtoCモデルも構築する予定。

※eiiconにも掲載しています(https://eiicon.net/companies/93?page=search&location=results


■株式会社シード(http://seed.nagoya/

サービス名:Smart Parking(http://smart-parking.jp/

日本中の空いている駐車場を分単位で簡単に貸し借りできるサービス。現在のコインパーキングにおいて、「なかなか見つからない」、「小銭がないから払えない」、「知らないうちにすごい金額になってしまった。」等、悩みは多い。そんな悩みを解決すべく、駐車場を利用したい人と空き地を生かしたいオーナーとのマッチングサービス。 近年、駐車場シェアリングの参入が増え、他社との違いをよく聞かれる。違いは、「時間貸し」かつ「後払い」であることだ。他の駐車場シェアリングは、時間予約の前払い制が多い。要するにSmart Parking は、従来のコインパーキングと同じ顧客体験を提供しているのだ。

また、あまり知られていないが、後払いの方が、前払いに比べ稼ぐポテンシャルが高い。これはシードのグループ会社のコインパーキング運営会社の実績からわかったことだ。 駐車場ユーザーからは、Smart ParkingはUIがとても良く、さらに周辺のコインパーキングより安いことからいつも利用しているといった声を頂いている。また駐車場オーナー(不動産管理会社)からは設備投資不要ということからまず、サービスを始めてみたところ、家主にも、入居者(の知人訪問の際)にも、喜びの声を頂いている。今後も空きスペースを増やし、ユーザー、オーナーの利便性を高めていく。


■株式会社リクポ(http://requpo.jp/company.html

サービス名:requpo(http://requpo.jp/

日本初の検索がいらない美容室予約アプリ。従来の予約サービスでは、検索→店舗情報やメニューの比較→カレンダーの空き日程を選んで予約という流れが必須で、美容師側の都合にユーザーが合わせる形式が一般的であった。しかし、同社サービスであるrequpoでは、ユーザーの都合に美容師が合わせてくれる、自分が主役のわがまま予約を実現している。自分の希望のメニュー・金額・日時をリクエストすると、美容師が空き時間を利用してユーザーの希望に合った提案をしてくれるという構図である。

このサービスでメリットを享受できるのは、ユーザーだけではない。美容師にも大きなメリットがある。今までは、お客様の予約が取れていない時間は待機せざるをえず、やむを得ずチラシをくばり集客していた。それでは非常に効率が悪い。requpoを利用する事で、お客様が希望している時間帯を把握できる為、無駄にしていた時間を効率的に、有効活用できる。今後の展開としては、美容院だけではなく、ネイルなどの領域などにも展開する予定とのこと。


計8社のピッチが行われた後は、登壇したスタートアップの方々や、ベンチャーキャピタルの方々、その他参加者でドリンクや軽食を楽しみながら、ネットワーキングしてMonthly Pitchは終了しました。

ピッチイベントは様々な所で開催されていますが、今回私が参加したこのMonthly Pitchでは、投資家が一番求める、「まだまだあまり知られていないが、尖ったビジネスを展開しているスタートアップ」が集まったイベントだと実感しました。これからも、毎月開催されるとのことですが、選りすぐりのスタートアップが今後も登場する事を期待したいと思います。


■執筆者:中島大志(eiicon co-founder)

株式会社インテリジェンスにて、同社コア事業である人材紹介事業部にて小売・不動産・コンサルティング業界などのサービス業向けの法人営業を経験。特に、中小企業やスタートアップの採用支援に従事。eiiconの立ち上げメンバーとして主に法人集客とサービス企画に携わる。

パートナー募集中企業!

株式会社DogHuggy