外資系マーケティング企業である株式会社マッキャン・ワールドグループホールディングスと株式会社野村総合研究所の各社有志団体(※1)は、共同DXプロジェクトを発足し、「魔法のコンパクト MAJICO(マジコ)」の企画・開発をスタートすると発表した。それに伴い、パートナー企業、およびパーソナルデータの提供者を募集する。

※1: 株式会社マッキャン・ワールドグループホールディングスからは、社内のミレニアル世代によるイノベーションプロジェクト 「McCANN MILLENNIALS(マッキャン ミレニアルズ)」が参画。株式会社野村総合研究所からは、若手を中心とした社内スタートアップ組織 「ARUMON(アルモン)」が参画。


「魔法のコンパクト MAJICO(マジコ)」とは?

「魔法のコンパクト MAJICO」は、独自のコーチングメソッドと、AI技術をはじめとするテクノロジーを組合せた体験を提供することで、現代を生きる働くすべての女性たちが自分自身の内面と向き合うことができる、“自分らしく生きる”ことを後押しするIoTデバイスだ。

デバイスを通して取得する声や表情などのパーソナルデータと、独自開発のコーチングメソッドやAI技術をはじめとするテクノロジーを掛け合わせた体験を提供することで、現代を生きる働くすべての女性たちが”自分らしく生きること”ができる社会の実現を目指す。

具体的な機能・体験は次の通りだ。

(1)カメラ、マイク、モニターなどで収集したデータを活用したAIによるコーチングを提供。コーチングメソッドは、女性のためのキャリアアップスクールを運営する株式会社SHEが独自に開発、監修。

(2)データをもとに、日々変化する自分自身のコンディションに応じたコンテンツを提供。また設定目標に対するトラッキングも可能。

(3)カスタム可能なアイシャドウやファンデーションなどのコスメジョイント。


今後の展開

今後、同プロジェクトを推進するため、パートナーシップ企業と、パーソナルデータ提供者を募るという。

(1)パートナーシップ企業の募集

本プロダクト「魔法のコンパクト MAJICO」のミッション・活動に賛同する企業・個人を広く募集する。

(2)AIコーチングアップデートにあたってのパーソナルデータの募集

AIコーチングのさらなるバージョンアップのために、実際の利用データの収集が必要だ。精度や技術面のさらなる向上のため、本プロダクトの体験利用者を募集する。

なお、同プロジェクトチームは、「魔法のコンパクト MAJICO」を社会実装することで、SDGsの5項目目「ジェンダー平等の実現」を達成し、日本の女性の社会的活躍を後押しすることを目指すという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)